少しずつ無理をする

成長するのは無理の連続だなと最近つくづく思います。

というのも、頭ではあれをやった方がよいという事をいくらでも思い浮かべる事が出来ますが、

実際に行動しようと思うと、おっくうになってしまう事というのはかなり多いと思います。
それをタイムリーに全てこなしていったらどれだけ結果が出るか、

そして、結果を出している人は間違いなくやっている、

こんな事を頭で思い浮かべる事が何万回とあるはずなのに、目先の作業への取り組みがおっくうとなってしまいます。
これは、苦手分野であればあるほどです。
私自身、仕事ではこういった状態になる事が少なく、どんどんやれている気がするのですが、

それ以外というのは、結構動きが鈍いです。
特に、健康管理という面では、年を追うごとに通常、気力、体力が衰え、今の食生活だったり、健康管理だったりが、10年後の自分を作るなどという標語や、調べれば健康管理などの知識はいくらでも拾えます。

よって、しっかりやった方がよいというのは百も承知なのですが、ついつい仕事にかまけて後回しになってきます。
ある程度の健康であれば、お金があれば買えると思いますが、お金で買えない健康もたくさんあり、何も異常がない今こそ意識改革をしなければと思いながらずるずるきています。
筋力を付け代謝をアップさせ、バランスよい食事をほどよい量で取る、至ってシンプルで、実践し続けている人はたくさんいとると思いますが、自分に置き換えると中々出来ていません。
健康面を考えた生活だったり、食事だったりというのは、常に何かを我慢する無理の連続で、その無理があるから将来の楽があります。

仕事で考えると、今無理をするから資産を構築出来、将来働かなくてもよい楽を手に入れられます。
こう考えると、将来楽をするためには、今無理をする必要があり、上述の通り、気力、体力は若い時ほど通常あるので、誰にとってもこの先の自分の人生で一番若い今無理する必要があると考えます。
個人的には、仕事で無理をするというのは、例えば今の会社を辞めたいや、収入を増やしていい暮らしをしたいなどの短期的な欲求がかなり駆り立てられる要素が多いと思うのですが、健康というのは今何も問題がなければ、それが最上級の状態なので、これをキープするために無理をしてまで頑張るという短期的な欲求を駆り立てる強い要素は特段なく、

こっちの方が難易度が高いと感じています。

よって、しっかり出来てる人を見ると感心してしまいます。
今、日本人の平均寿命は80歳程度ですが、2045年にはこれが100歳になるのだそうです。

私が100になる頃にはもしかしたら110とか、120に伸びているかもしれません。
こう考えると、いくらお金があっても、健康を害しては意味がないよなと毎度思うのですが、

いつも通りの生活をしてしまう今日この頃です。
「お金」と「健康」というのは、自分だけの努力でどうにかできる二大巨塔だと思っており、どちらも満足いくレベルに到達するためには、やはり毎日コツコツ無理をしていく必要があると考える次第です。

関連記事

ページ上部へ戻る