期待のICO案件

昨日、私が参加しようと思っているICO案件があるという事をお話させて頂きました。

昨日記載したように、ICOとは株のIPOのようなもので、ICOでその仮想通貨の価値がその後上がれば、資産100倍とかが普通に起こっているような世界で、まさに今バブルです。

ただ、株のように実態があるものばかりでもなく、無価値になってしまう詐欺案件も多いので、むやみに参加するのは辞めた方がよいのですが、私が調べた中でこれは参加してみようなかなと思っている案件を今日は理由と共にご紹介します。

それが、COMSAという仮想通貨(トークン)のICOです。
https://tokensale.comsa.io/?ref_id=58754dc6c3e420d9a70f02b944a6ce8f

私も案件自体は前から知っていたのですが、仮想通貨に興味を持ちその概要を把握出来るとこれは可能性があるなと理解し、私も参加しようと思っています。

 

イーサリアムやファクトムみたいに100倍以上になるとかはないと思いますが、宝くじを買うようなお金があればこれを買った方がよいと考えています。

ちなみに、購入する権利を取得するためには、10/1までに上記サイトからアドレス登録した人のみなので、購入するかどうかは別にして登録だけはしておく事をお勧めします。

 

以下、株の知識がないと少し難しいかもしれないですが、このCOMSAのICOが他の詐欺っぽいICOと比べてどこがよい案件だと私が考えるのかを書きます。

 

株のIPO同様上場して資金を多額に調達して、事業をもっと伸ばしたいと思っている会社はたくさんあります。

そして、ここにきてICOという特段規制がなく、多額の資金調達を出来る手法が出てきました。

しかし、ICOは仮想通貨による資金調達なので、当然ブロックチェーン技術を新たに導入する必要があります。

が、全ての企業がそれらの技術をしっかり導入するには、ハードルが高く、一部の企業のみがICO出来ている状態です。

逆に、実態がない企業であってもブロックチェーンの導入技術などがあれば、ICO出来るので詐欺っぽい案件がよくあるという訳です。

そこで、COMSA(ここでは運営会社の意味で捉えて下さい)が、ICOの取引所を作って、新たに資金を調達したい企業をどんどん受け入れる事ができる体制を作る事にしました。

つまりは、ブロックチェーンの技術など全く知らなくても、COMSAを通じて幅広い企業が資金調達出来るようになるという事です。

 

これで、実態のある企業がどんどんICOに参加出来る事になります。

投資家としても、訳が分からない仮想通貨(トークン)のICOに参加するぐらいだったら、企業実態のある会社のICOに参加する方がよっぽど安全な訳です。

というように、混沌としていたICOの世界に秩序をもたらすようなサービスとなります。

 

で、ここからが、特に重要で、COMSAが期待と私が考える理由ですが、

COMSA(ここでは仮想通貨という意味)は、その取得権利を10/1まで以下のサイトで事前登録をした人のみとしています。
https://tokensale.comsa.io/?ref_id=58754dc6c3e420d9a70f02b944a6ce8f

その後、その人たちを対象に10/2〜11/6までを販売期間としています。
*要は、事前登録をして上記期間内に10万円分のCOMSAを買うという感じです。

 

で、このCOMSA(仮想通貨の意味)を買って何が出来るかというと、COMSA(運営団体の意味)サービスを通じてICOをする実態のある企業のICOに参加出来るようになります。

COMSA(運営団体の意味)でのICOはCOMSA(仮想通貨の意味)でしか受け付けないので、いくら優良な案件があってもCOMSAを持っていないと参加出来ない事になります。

上述のように、優良な企業であってもブロックチェーン技術などのICOに必要な技術がないとICO出来ないので、COMSAサービスでのICOは今後増える事が予想されますが、COMSAを持っている人しか参加出来ません。

 

そして、ここが重要なのですが、上記期間内でCOMSAを販売した以降は流通量を増やさないとしています。

つまりは、株式で言うところの希薄化効果が起きないという事です。

 

COMSAなんて、今一般の人はほぼ知りません。

しかし、半年後、1年後実態のある企業のICOがCOMSAで盛んになると、ニュースになり一般の人も参入してきます。

が、COMSAの販売は上記の約1ヶ月と決まっているのでこの時点で新規にCOMSAはもう買えない訳です。

つまり、持っている人から買う必要があります。

すると、買い圧力が働くので、COMSA価格が上昇します。

 

まとめると、COMSAが期待出ると考える理由は、
・上記の通りCOMSAの価格自体が上昇する可能性が高い事
・COMSAサービスを通じて実態のある企業のICO案件に参加出来るので、当該ICOで買った仮想通貨(トークン)の値上がりに期待出来る事
です。

 

もちろん、利益だけを盲信して投資をするのはギャンブルなので、マイナス面も考慮する必要があります。
以下、私が考えるCOMSAを買う事のマイナス面です。

1、COMSAを買う事によるマイナス面は、まずは仮想通貨市場全体がバブルなので、これが崩壊すればCOMSAも影響を受ける事

2、次に、COMSA自体のサービスが普及せず、COMSAの需要が高まらない事です(COMSAサービスを通じてのICOが伸びない事も含む)。

 

「1」については、COMSAだけでなく、仮想通貨に投資をしていれば、どれでも同様のリスクがあるので、深く考えてもしょうがないのですが、ICOで買えるという事は、BTC(ビットコイン)のように上がっているものを買うのではなく、初期の段階で買うという事なので、値下がり幅は少なくなると考えています。

「2」については、判断が分かれるところではあると思いますが、既に株式会社プレミアムウォーターホールディングスという上場会社がCOMSAを通じてのICOが決まっており、クラウドファンディングのプラットフォームを運営している株式会社CAMPFIREもここでのICOが決まっています。

これは、実績がついてくれば、信頼性がついてくるところで、どこまで伸びるかというのは、株のIPOと同様COMSAがどこまで頑張れるかによります。

ただ、個人的にはICOのプラットフォームを作るというビジネスモデル自体が、オールwinの関係を作るビジネスモデルだと思っているので、期待を込めて買うという事です。

 

なお、上記1、2以外にCOMSA自体がなくなるというリスクはゼロではないですが、上場会社の多くが出資している事とブロックチェーン技術を始めとする仮想通貨関連の技術開発最大手のテックビューロの事業なので、この辺は個人的には心配していません。

 

さらには、株のIPOでもたまにありますが、初値が公募割れという事はあり得ます。

ただ、COMSA自体が流行れば多少の含み損を抱えても中長期的には上がると考えています。

 

以上のように、私としては実態のあるサービスに投資をする感覚なので、株式投資と似た感覚を持っています。

ただ上記でリスクも書いた通り、100%儲かる訳ではなく、面白うそうだから投資してみるという感じです。

 

宝くじは買わないのですが、宝くじを買うような感覚で今10/2をわくわくしながら待っています。

なお、上記の通り購入出来る権利は以下より事前登録した人だけなので、登録だけはしておいてもよいかと思います。
https://tokensale.comsa.io/?ref_id=58754dc6c3e420d9a70f02b944a6ce8f

 

さて、どうなるか。

 

関連記事

ページ上部へ戻る