オープンクエスションとクローズドクエスション

最近、いろいろな方から
質問を受けていて感じる事があります。

それは、
オープンクエスションの使い方が
間違っているという事です。

ここで、
相手が「はい、いいえ」または
「AかBか」の択一で答えられるような、
回答範囲を限定した質問の仕方をクローズドクエスチョン
といい、

反対に「どう思うか?」などのように、
制約を設けず相手に自由に答えさせるような質問の
しかたをオープンクエスチョンといいます。

そして、質問の中で
「どうやったら稼げるようになりますか?」
というものがあります。

これは、明らかにオープンクエスションです。

はっきりいっていかようにも答えようが
ありますし、
質問者の意図や背景が分からなさすぎて、
逆に答えようがない
(相手に最適な解を提供する事ができない)
という感じでもあります。

私が考えるに
オープンクエスションをするならば、
もっと自分の状況や前提などを
置いて、

「現在Amazon輸入をやっていて、
○○なやり方で、○○のようにやっているのですが、
今一売上が上がりません。
このやり方についてどこが問題だと感じますか?」

というようなオープンクエスションを
されれば、こちらも答えやすいですし、
質問者の方も私の回答が自分がほしかった
回答である確率が高くなると思います。

では、なぜ
「どうやったら稼げるようになりますか?」
という質問をしてしまうのか?

これは、明らかにノウハウを
読み込み理解していないか、
自己がなぜ稼げていないかという事を
何も分析していないという事が
考えられると思います。

もし、自分が誰かに質問をして
中々自分の欲しい回答が得られていないと
感じる人は、自分が間違った
オープンクエスションをしてないか
自分の質問の仕方をまず見直してみて下さい。

そういう方は、
相手が「Yes or No」で答えられる
クローズドクエスションで
質問する事を心がけるとよいと
思います。

なぜならば、
クローズドクエスションを
するには、相手が「Yes or No」で
答えられるまでに、質問内容を
落とし込まなければならず、
ふわっとした質問にはなりようがありません。

質問しても中々しっくりした回答が
得られていないという人は
是非クローズドクエスションを
中心にする事を心がけてみて下さい!

きっと、その過程で疑問点が早くに
解決するだけでなく、
オープンクエスションもうまく
できるようになり
より相手から情報を聞き出せるように
なると思いますので!

関連記事

ページ上部へ戻る