知識を輸入する!

こんばんは、福島です(^^)

最近は税金関係の話が多かったので、今日はビジネスの話をしようと思います。

このメルマガを読んでいただいている方は輸入ビジネスを実践されている方が多いと思います。

日本と海外の商品の価格差を見つけて、その鞘で稼ぐビジネスですね。

これは、購入者の方が自分では得られない価値をお金を払って我々から買っている訳です。

最近では現地買付などをしている方も多く、その価値提供の範囲はかなり広がってきています。

この海外から価値のあるものを持ってくるというのは、何も物に限った事ではありません。

無形の情報なども一緒です。

特に、インターネットビジネスの手法などにおいては、最先端をいっているのは間違いなくアメリカです。

例えば、最近流行の集客方法として、SNSでの集客というものがあります。

要は、TwitterやFacebookを利用してお店にお客さんを呼ぼうというものですね。

今までは、何百万、何千万というお金をかけてチラシやCM、雑誌などに広告を掲載して集客していたものが、
SNSというものを使えば、無料できるようになるので、これは画期的ですよね!

TwitterやFacebookが生まれたのはアメリカですし、
それを集客に取り入れようと考えたのもジェイエイブラハムに代表されるアメリカのマーケッターです。

日本での流行は実はアメリカで流行ったものを誰かしらが輸入して、それを我々に広めている訳です。

現在日本で流行っているインターネットビジネスの多くは、
その人が考えたというよりは、並行輸入情報である事がほとんどです。

ここに目を付けられると、ここでも鞘取りビジネスができる訳です。

さらには、20世紀型の「人、モノ、カネ」を存分に使わないと立ち行かないビジネスはもう終わっているため、
「人、モノ、カネ」がない状態からどうやってお金を生み出すかというのが21世紀型のビジネスです。

こういう21世紀型のビジネスを学ぶためには、古い本ばかり読むのではなく、最先端の手法を学んでいく必要があります。

そのため、目先の物販も大事ですが、セールス、マーケティングというもう少し広い枠で、知識を深め、
それを物販に生かしていくというのが、今後ビジネスを展開していくのに非常に重要になってくるかと思います!

こういう、アメリカの最先端のインターネットビジネス本にも興味を持つ余裕が出てくると、
ビジネスが一気に加速します。

通勤の合間にでも是非読んでみて下さい!

関連記事

ページ上部へ戻る