金持ちになる決断をする

こんにちは、福島です(^^)

いつの時代も人々は成功者や
お金持ちになるノウハウを追い求め、列をなします。

いつの時代でも成功ノウハウを体系的にまとめたビジネス書や
自己啓発本はベストセラーの上位を占めていますし、

成功者になるためのセミナーやお金持ちになるためのセミナーは
高額な料金をチャージしてもキャンセル待ちとなります。

しかし、それらの書物のどれかを手にとったり、

セミナーに参加した人なら皆理解しているかもしれませんが、

どれも普遍的な成功法則を焼き直ししたものばかりです。

そして、それらの普遍的な成功法則は
ほとんど全ての人が既に理解しているものばかりです。

シンプルな成功法則を一つ挙げれば、

1. 自分自身のビジネスを持つこと。

ビジネスはどんな選択よりも圧倒的なキャッシュフローを生みます。

中小企業を経営するごく普通の日本の経営者だろうが、
フェイスブックのザッカーバーグだろうが、

ビジネスが多くのキャッシュフローを生み続けることにかわりない。
自分自身ビジネスを所有しなければならない。

2. 1のビジネスで得たキャッシュフローを、
永続的なキャッシュフローを生む不動産へ投入する。

ワンルームのマンションからショッピングモールなどの大型施設まで、
成功者たちは皆、不動産収入から永続的なキャッシュフローを得ている
(値上がり益ではなくキャッシュフローに経営資源を注ぐ)。

3. 2の不動産収入で得たキャッシュフローや余剰金があれば、
コモディティ(商品)やペーパーアセット(株式)などに投入する。

余剰金を何に投入するかは個人の好みや価値観による。

世の中で成功者やお金持ちと呼ばれる人々のほとんど全ては、
この1~3を繰り返しています。

富裕層と呼ばれる人々のほとんどはこの1~3を所有し、
経営資源を投入しています。

そしてこれはビジネスや成功法則を真剣に学ぼうとしたものなら、
誰でも知っていることです。

ビジネスを所有する経営者と一般的なサラリーマン、
それぞれが稼ぎ出す平均金額のうち、

どちらがより多いのかを知らない人・予想できない人はいないはずです。

・「そんな仕事ができたらいいですね」と言う人や、

・「○○ではなくてそんなところに住めたらいいですがね」と言う人、

コンビニエンスで働く人々も、
成功するために上記の1~3が必要だと言うことを
(すべてではなくても、少なくとも一つくらいは)知っています。

しかし、彼らはただ、“知っている”だけであり、
それらに近づくための決断をしません。

スタートラインに立つために1のビジネスを持とうとすれば、

サラリーマン勤めをやめ、
自分自身のビジネスを所有するための時間を多く割く必要があります。

今の仕事を辞めなくても少なくとも朝晩、土日祝祭日は
自分自身のビジネスを作り出す時間にしなければなりません。

こんなこと誰でもわかりきっています。

それでも日経新聞を買い、コンビニで朝ごはんを買い、

iPodやiPhoneから流れる音楽をヘッドフォンから
頭に流し込みながら満員電車をやり過ごし、

ときたま座れる電車のシートに小さな幸せを感じ、

今日も成功から遠ざかる一日を過ごすことを
ほとんど多くの人々が選択します。

全ては決断だた一つであるのに、

ビジネスを所有することも、
経営資源を投入をすることも出来ない理由ばかりを並べてしまいます。

成功法則やノウハウを追い求めて本を読んだり、
勉強をするだけでなく、

今自分が知っていることで成功から
自分自身を遠ざけている事柄をリストアップし、

逆に成功に近づくための決断を下すようにしなければ
本当の意味で成功には近づかないのかもしれませんね!

関連記事

ページ上部へ戻る