FXアービトラージスクールの目標

株でもFXでも投資においては、利回りという考え方がとても重要になります。

例えば、物販であればスケールメリットにより、

資金が多い方が大量に仕入れる事が出来、価格交渉などをしやすく、

ビジネスをより有利に進める事が出来ます。
しかし、株やFXなどの投資においてはスケールメリットなどはなく、10万円の人でも100億円の人でもやる事は一緒で勝つ人は勝ちますし、負ける人は負けます。

よって、資金が多いから莫大な資産を築ける訳ではなく、技術があるから莫大な資産を築いていけるのです。
ここに、庶民でも努力次第で富豪になれる夢があります。

さらには、それまでの経歴や社会的地位などは一切関係なく完全に実力社会であり、

私が投資に惹き付けられる一番の魅力でもあります。
以上より、FXアービトラージスクールの目標は利回りというものを重視し、「月利10%を達成する技術を習得する事」となります。
例えば100万円の資金で始めた人がいたとすると、初月は10万円が目標という事です。

この10万円を多いと見るか少ないと見るかは人それぞれだと思いますが、

投資の世界で月利10%を達成する技術というのはメチャクチャ価値があります。

上述の添付画像は100万円の資金から始めて月利10%の技術があった場合の資産推移を掲載していますが、約4年で資産は1億円に到達します。
そんなに机上での計算通りにいかないと思われる方もいるかもしれませんが、

投資においては、決済すれば資金は即入金で、即再投資に回す事が出来、

上述の通り10万円でも100億円でもやる事は変わらなため、限りなく机上の計算通りにいきやすいのです。
なお、私自身以前はやる事は変わらなくても10万円と100億円では精神的なドキドキが違い、

同じようには出来ないのではという考えがあったのですが、

私自身このFXは最初の頃は20万円から始めて現在では300万円程度で運用していますが、

一気に20万円から300万円でやったわけではなく、徐々に除々にトレードにより資金を増やしいき、

その資金の増加に伴い自然とロットも増えていった感じなので、

20万円の頃は2万円の含み損とかでもハラハラしていましたが、

今では10万円の含み損とかでも何とも思いません。
2万円と10万円を比べると当然ですが、10万円の損の方が絶対額とはしては大きく、精神的に痛い感じがすると思いますが、

資金量に比した含み損の割合が重要で、かついきなり平均含み損が2万から10万になったわけではなく、2万、3万、4万……9万という時代を経て10万円になっているわけで、

あまり意識せず金額だけが上がっているという精神状態です。

 

この今の経験により、やはり投資においては利回りが大事で、

稼ぐ絶対額を意識してやってしまうと、

短期的に無茶をして損を出しやすい(リスクの高い)トレードをして失敗する可能性が高くなると思っています。

さらには、上記のような精神レベルを徐々に上げていくという経験をしていないので、

2万円の平均含み損がたまたま大勝ちした事により一気に10万円の平均含み損のレベルになると、

短期的な資金の増加スピードは早いですが、その資金を扱う精神レベルが追いついていない事が多く、結局勝つトレードをする精神状態を保てなくなると思っています。
よって、やはり最初は亀のように遅くても安定した利回りを確保出来る技術を付けて、

余裕資金でコツコツとやっていく事が投資で最速で資産を築くコツであると確信しています。
投資で財を成す人は皆こういう事を言っているのですが、

最初はやはり稼ぎたい気持ちが先行してどうしても、

稼ぎの額だけにフォーカスしがちで、結局資金管理がうまく出来ず負けます。
そのため、今度のFXアービトラージスクールでお渡しする計算シートは、

資金量に合わせてのロット(投資額)をしっかり計算出来るようになっているので、

それに従う限り最初から、投資で財を成す王道を歩む事が出来ます。
その王道は100万円の資金から初めて初月は利益10万円と絶対額を見てしまうと、

少ないと感じるかもしれませんが、その道だけが資産億超えの道なのです。

 

よって、FXアービトラージスクールの目標は100万円の資金で始めて4年で資産1億円に到達するレベルである月利10%の技術習得となります。

なお、明日6月度の成績を公開させて頂こうと思っていますが、

私はこのFXアービトラージの手法で月利30〜40%なので、
この手法を習得すれば初心者でも月利10%を稼ぐ事はとても現実的な目標となります。

 

では、本日は以上です。
また明日メールします!
P.S.
昨日もお伝えさせて頂きましたが、
FXアービトラージスクールの募集は7/4(月)からさせて頂こうと思っています。

関連記事

ページ上部へ戻る