相場の鉄則は順張り

こんにちは、福島です。

今日は、「相場の鉄則は順張り」という話をしたいと思います。

というのも、投資には順張りと逆張りという2つの手法があります。

前者は、上昇局面では買い、下降局面では売りで利益を取って行く手法です。

一方、後者は上昇局面の上がり過ぎたところで売り、下降局面の下がり過ぎたところで買いを

行い利益をとっていく手法です。

人間の心理は逆張りに出来ているそうで、上がっているときは売りを、

下がっているときには買いを考えやすいのだそうです。

しかし、ここで注意をしなければならないのは、

下がっている最中に買ってはならず、上がっている最中に売ってはいけないという事です。

逆張りで利益を上げる人であっても何らかの指標などで、

下げ止まりを確認しているから買うのであって、

順張りの初動で買っていると言い換える事も出来ます。

よって、投資で利益を出すには「順張り」しかないという考え方も出来ます。

少しこんがらがるかもしれませんが、

逆張りを極め、順張りの初動で入りたいという希望は相場に参加する人であれば、皆が持ちます。

しかし、これはあらゆる分析指標やマクロ指標などに気を配り、

タイミングよく入っていく必要があり難易度が非常に高いです。

私も株の日足のスイングでは、逆張りをやりますが、

FXのデイトレなどでは、恐くて逆張りは出来ません。

又、下降途中で上げを狙って逆張りで入っても、実はまだ下降途中だったという場合や、

上げたけど、今の日経のようにもみ合い(横ばい)相場であったなど、

しっかりトレンドが発生しない確率もあり、逆張りで入ってトレンドが転換すれば

大きな利益を取れますが、上述のようなリスクを考えると実はそこまでうまみはないのです。

私が株ゼミで提唱てしている鉄板ポイントのメインは順張りです。

なぜならば、順張りを心がけていれば、もみ合い相場で中々利益確定ポイントまで来ないなどやきもきする事はありますが、

暴落や暴騰で大損をして市場から退場という事はなくなります。

むしろ、そういった相場で大きく利益を取れ、投資の戦略では一番正しいと考えているからです。

又、トレンドが発生していないときは、エントリー機会も少なくなる事もありますが、

自分が得意とするパターンいなるまでエントリーしない我慢というのも、

投資の世界では必ず必要なので、無理して入って損をするより100倍よいのです。

という事で、下手な逆張りで損を増やすよりは、

下手でも順張りであれば利益は取りやすいので、

思うように稼げていなかったり、右往左往してしまう人は参考にしてみて下さい。

では、本日は以上です。
またメールします!

こちらにご登録頂くとこのブログ記事が登録頂いたアドレスにタイムリーに届きます。
<福島-株式メルマガ>http://pajamas-ex.jp/Lb7/24391

関連記事

ページ上部へ戻る