資産1億いかなければラットレースからは抜け出せない

私のビジネス、投資の原点は公認会計士としてサラリーマン生活をしていた時に読んだ

「金持ち父さん、貧乏父さん」という本です。

普通の人は自分が働く事による時間給でお金を得ているため、

常にお金のために働かなければいけないが、本当のお金持ちは自分ではなく、

ビジネスオーナーや投資家になる事によりお金を働かせているので、

自分自身は本当にやりたい事(好きな仕事、趣味、社会貢献など)を好きなだけ出来るという

ラットレースから抜け出した状態であるという事を説いた本でした。
例えば貯金が1000万円ある人がいたとします。

貯金1000万円というと普通の人からするとかなりすごいですが、

年平均500万円の生活をしていたら、

2年経過するとこの1000万円の貯金が全てなくなり、また働いてお金を稼ぐ必要があります。

つまり、貯金1000万円という水準が如何に無力かが分かると思います。

さらには、日本には累進課税の税金と社会保険料があるため、

日常生活をしながら貯金1000万円を貯める事はサラリーマンの給与しかなければ相当大変です。

よって、ビジネスをして短期的に大きく稼ぐか、

税制/社会保険料が優遇されている投資の複利効果を使って資産を増やす以外お金持ちになる方法はないのです。
そして、どこまで増やせばよいかというと色々研究してきて私が考える目安は1億円です。

先ほどの例で、年平均500万円の生活をしていた場合1億円だと単純に使うと20年生活出来る事になりますが、

資産1億円あれば、年利5%で運用すれば、元本は減らさず毎年500万円が入ってくる事になります。

これがラットレースから抜け出した状態です。
1000万円でも長期投資で5%の利回りを上げる事が当然出来ますが、

年間50万円の収入ではそれで暮らすというわけにはいかないと思います。

そのためやはり1億なのです。

そう考えると資産1億以上と1億未満で自由度や生き方が完全に変わってきます。
さらには、「金持ち父さん、貧乏父さん」の本の中では、

最終的に「I(投資家)」になる事が必要ですと説かれており、

確かにそうなのですが、先日もお伝えしましたが、私がリアルに感じているのは、

勉強はなるべく早くから始めた方がよいという事です。
*詳細は先日の記事で書いています。
http://bit.ly/28RvjHQ
「資産1億円+投資の知識」でラットレースから抜け出す事が可能だと思っています。

 

P.S.
以下でFXアービトラージの手法を解説していますので、
私がやっている投資法に興味のある方は是非見ておいて下さい。

<FXアービトラージ説明動画>
http://pajamas-ex.jp/Lb7/14641
<FXアービトラージ取引動画>
http://pajamas-ex.jp/Lb7/24641

関連記事

ページ上部へ戻る