ビジネスの原則

私は東京でサラリーマンをしていた頃、

お金と自由な時間を増やしたくて、

ビジネスをして独立をしたいと考えていました。

ただ、その頃は知識や経験もなく、

帰り道のビル群を眺めながら、

無数にある雑居ビルの会社のオフィスを外から眺めながら

ここに入っているオフィスの社長達はどうやってビジネスを立ち上げ、

どうやって稼いでいるのかを思案していました。
しかし、いつもその回答は出ず、とても難しい問題のように感じていました。
けれど、あれから5年以上経ち自分でも色々とビジネスをやってきて、今ではその解を明確に答えられます。

それは、「値段以上の価値を提供する」という事です。
ビジネスというのは、抽象的なが概念的な言葉なので要は端的に言えば「お金を稼ぐ」という意味です。

町にある飲食店などをイメージすると分かりやすいですが、

東京などには行列が出来る繁盛店がいくつもあります。

なぜ、お客がその店に行って、毎回1000円とかの食事代を払うかというと、

そこに1000円以上の価値があると顧客が思えるからです。

味や量、店内の雰囲気、店員の接客の仕方など全てを総合して1000円以上の価値があると思っているので、毎回同じ店に通うのです。

シンプルにこれだけです。

モノなりサービスなりの価値が値段を上回るとお客が感じれば、お金を稼ぐ事が出来ます。

よって、ビジネスをするという事は提供する価値を究極的に高め続けるという事とイコールです。

さらには、その価値というのは相対的な意味もあり、価格に比しての価値であるし、ライバル店と比較しての価値でもあります。

 

よって、ビジネスをして稼ぐ為には、提供物の価値を絶対的に高める事をまずは意識し、

それを相対比較によっても優位な位置におければ爆発的に稼げます。
今、ビジネスをやっている人はこのビジネスの原則をしっかり捉えて取り組むとより稼ぎが加速すると思います。

関連記事

ページ上部へ戻る