福島式仕事管理術

以前、メルマガで書きましたが、目標を達成するには、それに向かった行動を繰り返さなければいけません。

そのためには、日々こなすタスクの量、質によってそこまでに到達する速度もしくは、到達するかどうかも決まってきます。

私は公認会計士の受験時代、1日12時間ぐらい毎日勉強していたときに、勉強の量、質を上げる為に行っていたある施策があります。

公認会計士時代も独立して起業している今も同じ方法で実は仕事を管理しています。

それは、「やるべきタスクを紙に箇条書きで列挙する」です。

毎日、朝作業に入る前に今日やるべき事を全て紙に列挙します。

そして、頭が冴えている午前中は、比較的クリエイティブな作業を行い、

昼食をとった後の午後は多少眠くなったりするので、あまり頭を使わずにも出来る売上の管理表の記入などの定常業務をやったりします。

そして、タスクを終える事にそのタスクを棒線で消していき、どんどんこなしていきます。

こうする事によりやる事が明確になるだけでなく、その中での仕事の割り振りやペース配分も出来るので、非常に効率よく仕事をこなす事が出来ます。

仕事が遅い人は相対的に迷っている時間が長い傾向がある気がします。

自分がやるべき事を作業に取りかかるまでにじっくり考えてから、明確にして、

決めたら何をやるかで迷う事はなくなるので、目の前の作業に没頭でき質も高まるというわけです。

判断と行動を同時に行うとどうしても迷う部分があり、中途半端になるので、1日の作業を取り組む前にしっかり把握して確実に実行するためにも、

紙(PCでもよいですが)にやるべきタスクを毎朝列挙するというのはお勧めです。

P.S.
昨日は、ビジネス仲間と人生初のバンジージャンプを行ってきました。

飛ぶ寸前まではかなり余裕だと思っていましたが、実際に橋の縁(飛ぶところ)に立った瞬間「マジか」と思うぐらい1歩を踏み出すのに意外と勇気がいました(笑)

ただ、今までやった事ない事でやってみたい事の一つだったのでとても良い経験でした!

関連記事

ページ上部へ戻る