テンバガーに学ぶ稼ぐ秘訣

投資の世界ではテンバガー(ten-bagger)と呼ばれる

株価が10倍になるぐらい爆発的に上昇する銘柄・またはこれから上昇しそうな銘柄があります。

これらの銘柄に投資をして資産を何十倍、何百倍と増やす人たちがいます。

このテンバガーには例えば製薬会社が新薬を開発しているときに治験段階から目を付けその進行状況を確認して、まだ株価が安いときに買い、

新薬が認可されると同時に一般投資家も買う事により株価が暴騰しテンバガーとなったりするという例などがあります。

日本新薬 (4516)
http://bit.ly/2aHpTUj
(2013年から6倍)

又、長らく地をはうように底値圏で推移している銘柄について、経営者が変更したり大規模なリストラクチャリングが行われるという情報を得て、

まだ結果が出る前に底値圏の割安なときに買ったりして、テンバガーを狙ったりする投資家もいます。

私もたまに行く「山岡家」というラーメン屋があるのですが、一昨年ぐらいまでは長らく地をはう相場だったのですが、リストラクチャリングが功を奏し経営改革に成功し、昨年1年だけで4倍ぐらいに株価は上がっています。
丸千代山岡家 (3399)
http://bit.ly/2anl38U
(2015年から4倍)

過去の相場を見てテンバガー銘柄に対して言う事はいくらでも出来るのですが、

実際まだ株価が上がる前から現在の施策は功を奏すと予測して投資出来るというスタンスに学ぶべきところがあると思っています。

普通の人はニュースや雑誌で話題になってから購入して、そういう人がテンバガーの人たちを作り上げるわけですが、そんなに儲からないか、逆に損をするわけです。

テンバガーで資産を得る人たちは、常にテンバガーがないかリサーチして研究しています。

つまりは、仕込む前に1円にもならないしっかりとした準備をしているという事です。

なお、王道的なテンバガーではないですが、

ジェイコム株が「61万円1株売り」とすべき注文を「1円61万株売り」と誤発注された時に、BNFさんはその株を大量買いして10分間で20億円儲けたというのは有名な話です。

これも、後からのニュースでは誰もが知るような話になりましたが、その瞬間に気付けたのは常に準備をしていたからです。

準備なくして成功はないのです。

ビジネスでも投資でも事を成し遂げるのは常に偶然ではなく必然です。

資産1億円を年利5%で運用して、働く事から解放された人がいたとすると、

その人はそこに到達する準備をしっかり行ってきたという事です。

だとすれば、そこに到達する事を今から目標にするのであればその準備をしっかり始める必要があります。

ネットビジネスか投資、資産1億円を個人で達成するためにはこのどちらかです。

このどちらかもしくは両方でしっかり日々行動し準備を着々と進めていきましょう。

繰り返しになりますが、資産1億を築く準備をした人だけが資産1億を築けるのです。

関連記事

ページ上部へ戻る