2〜3年後の自分

最近は、もの凄く熱くなってきましたね。

そんな中でも私は雨以外ほぼ毎日朝ウォーキングをしています。

ウォーキングを始めた最初の方は、

布団から起き上がるまでは、面倒くさいなと思う事もあったのですが、

ウォーキングをした後の爽快感と作業量の向上などの効果を考えるとどうか考えても

行った方がよいので、行っていました。

何事も3ヶ月続けると習慣化される言いますが、このウォーキングも既に3ヶ月ぐらい続けているので、

今では習慣化され苦なく行けています。

そして、このウォーキングの時は、ひたすら色んな事を考えています。

最近よく考える事は、2年後、3年後の自分の姿とそこまでにやるべき事です。

しかし、個人的には短期的な目標を立てて達成する事は得意なのですが、

長期的な目標は不確実な要素も多く、中々立てづらく、それに伴う行動計画も不明瞭なところがどうしても多くなってしまいます。

ただ、なぜそんな苦手な長期的な事を意識的に考えるかというと、

一つ目の理由としては、自分の将来像として海外移住を考えているのですが、

そのためには、様々な要素を考慮してどの国を選ぶかを決断する必要があり、

今ある感情のみではなく、長期的視野で考えざるを得ないからです。

さらには、二つ目の理由として、2年前から始めたリピート通販のネットショップが、

自分の事業の中でも軽視出来ないほど売上/利益が大きくなってきたからです。

これについては、やる事自体は1日5分ぐらいなのですが、リピートされる商品を

売っているので、時と共に売上/利益が大きくなります。

リピート通販なので、そもそもの狙い通りなのですが、

アマゾン転売はやればやるほど稼げ即効性があった中、

このリピート通販は最初は当然新規顧客しかおらず、

売上/利益もそんなに大きくなかったのですが、

その割には、立ち上げるまで時間とコストがそれなりにかかり、販売当初は費用対効果は全然よくないビジネスでした。

よって、長期的視点に立って立ち上げたビジネスで、最近ようやく花開いてきたかたちなのですが、

この現在を信じてコツコツ立ち上げを頑張ってよかったなと真に思います。

当然、初期のコストは全て回収しているので、ここからは、ひたすら果実を得るだけです。

この経験により、私の体感としての成功法則のレベルが1個上がった気がします。

常に、短期的な果実ではなく、将来の像をイメージして、将来安定して大きな利益を生むようなビジネスに時間とお金を投じていった方がより稼ぎが増え、安定するという事です。

今も、全く新しい長期的視野に立ったビジネスにチャレンジしているのですが、当然収益は全く発生していません。

牛丼すら変えません。

ただ、これが将来、事業の主軸にも化ける可能性があると思っていて、今日もそのビジネスについて色々と考えたりしているわけです。

もちろん、短期的な収入がないと、生活がままならなくなったりする可能性もあるので、

まずは短期的な収入を追い求める必要がありますが、そこが安定したら長期的視野にたったビジネスを始めた方がよいというのが今の持論です。

まぁ、大企業などを見ると当然の事なのですが、常に先を見て今を行動するという高度な事が習慣化出来れば、さらに飛躍出来ると感じ、

毎朝のウォークングでひたすら2〜3年後の将来を考えているというわけです。

よって、あなたも
1日の中で少しでも長期的な視野にたって物事を考える事をお勧めします。

関連記事

ページ上部へ戻る