プロスペクト理論により投資は負ける

プロスペクト

今日は、「プロスペクト理論により投資は負ける」というテーマで話したいと思います。

投資の世界で負けというのは、資金がなくなり市場から撤退を余儀なくされる事を指します。

そして、この撤退を余儀なくされるところに至るまで十二分に経験を積むほど投資を果てしなく繰り返したという人は少なく、多くは損切りが遅れた事による塩漬け銘柄が1つずつ増えていき、結果として資金がなくなるというパターンです。

例えば、1万円で損切りをすると決めていても、1.1万円の損を許容したばかりに、その損が100万円にまで達して資金がなくなってしまうなどです。

文字で見ると、そんなバカなと思うかもしれませんが、これが一般投資家で資金をなくす典型的なパターンです。

では、なぜ100万円の損失になるまで損を確定させる事が出来ないのか?

それがプロスペクト理論により説明出来ます。

プロスペクト理論とは、人間がリスクを伴う意思決定の際に価値の感じ方が異なり、利得よりも損失の方を重大に捉えるという認知心理学の理論のひとつとなります。

典型的なこの理論の例としては、以下の択一問題で期待値は一緒であるのに、ほとんどの人がAを選ぶというものです。
A.100万円が確実に手に入る
B.コインを投げて表なら200万、裏なら0円

さらに、このプロスペクト理論は「価値関数(損失回避性)」と、
「確立加重関数(感応度逓減性)」からなります。

この内、「確立加重関数(感応度逓減性)」というものが、
塩漬け銘柄を生む根源であり、これは、

大きい額になるにつれ感覚が麻痺してくるという理論になります。

当初1万円ですら、失いたくない思っていたほど1万円の損を嫌っていたのに、

それが例えば36万円の損が37万円の損になったという同じ1万円の損でも、最初の1万円の損を抱えたほど心理的なダメージを受けないというものです。

数値だけを見れば1万円の損と37万円の損であれば37万円の損の方が37倍の心理的ダメージを受けるのが数学的な考え方ですが、人間の心理は感応度逓減性というものにより、

大きな損になればなるほどその痛みを感じづらくなるというものです。

これにより塩漬け銘柄が生まれ、資金をなくすまでその銘柄を保有し続けてしまうのです。

よって、人間の心理による感覚でやっていては、この心理的影響により勝つ投資がしずらいので、何らかの法則などにより、感情を排して売買する事が、投資において勝つ為には必ず必要な要素となります。

関連記事

ページ上部へ戻る