稼ぐ動機

昨日も書かせて頂きましたが、私は現在海外進出を真面目に検討しており

きっかけは資産を築く為には、日本では税金等の問題で非常に難しく、

大きく稼ぐというモチベーションが稼ぎが増えるに連れ減退した事です。

普通に生活する分には既にお金という意味であまり不安はないのですが、

一番は、私自身の性格として燃えるものがないと、人生がとてもつまらなく感じるという性格があり、

公認会計士の受験時代や副業で忙しく頑張っていた頃などは、

今より稼ぎが圧倒的に少なかったですが、人生としては充実していました。

よって、現状を打破するためには、自己実現の欲求を満たす必要があり、そのためには環境を変える事が一番だと思ったからです。

ただし、日本では上述の税金問題などもあり、環境が全く変わらないので海外を検討しているという訳です。

しかし、私自身海外での居住/仕事経験はなく、未知なので、

実際に海外でビジネス/投資をされている色々な方にお話を聞きにいったりという事をここ半年ぐらいやっています。

その中で感じたのは、圧倒的なスケールの違いです。

既にビジネスや投資で成功され、海外のプライベートバンクを持ち、もう働かなくても有り余るお金が入ってきて、

世界中で自分のやりたい事を好きなだけやっているという人たちが実は海外にはたくさんいるという事が分かりました。

多くは、私より一回り以上年上の方が多かったのですが、

私ぐらいの年齢のときにはもう海外で現地のスタッフなどを使ってバリバリ先見の明で事業や投資を展開されていた方が多く、

そういった方々がゴロゴロいるような飲み会(当然海外ですが)に参加させてもらうと、

もの凄く自分自身テンションが上がり、視野が果てしなく広がりました。

よって、単純に税金が安いという事に加え、内から湧いてくる闘志というものが久々に感化されてきた感じです。

そして、思い返すと、資格を取ったり、独立出来るほどの稼ぎをゼロから作ったりなど、

馬力のいる事をやるときは、必ずそれに見合う強い動機がありました。

これがないと人は慣性の法則に従い、ルーティンの生活を変えるほど頑張る事は中々難しく、これは私も一緒です。

そのため、今稼ぎが思うように伸びない中で行動が少ないという原因でそうなっている人は、

環境を変えるべきです。

環境を変えるといっても、私のように住環境を変えるまで行かずとも、付き合う人を変えるのも環境を変える事の一つです。

私自身、孤高に自分一人で大きく稼ぎモチベーション高くどこまでもいける人間だと思っていましたが、

それは元々自分が持っている領域内での事で、それを脱するような圧倒的な成功をしていくには、

やはり、一人で考え抜いているだけでは無理だと最近悟りました。

それを痛感するためにも、環境を変え稼ぐ動機を自分の中に起こすというのは非常に重要です。

是非、古典的ですが、稼ぐモチベーションが上がらないときは、

魅力的な人に会いにいくという事をするとよいと思います!

関連記事

ページ上部へ戻る