軸を絞る

昨日の記事の続きですが、長期的視野に立って計画を練るときに重要なのは「軸を絞る」という事だと思っています。

短期的な目標達成のためには、すぐに結果が出るものを求めやすく、次から次へと取り組む分野を変えていきがちですが、

5年後の成功を目指して、長期的に考えた場合には、やる事を絞る事がやはり成功の秘訣だと思います。

隣の芝生は常に青く見えがちですが、それをやっていたら、常に「そこそこ」で終わり、

資産10億や100億を個人で築いている人たちは、あれこれやっておらず、一つの事に絞ってそれに徹底的に取り組んでいる印象を持ちました。

ただ、これを自分に落とし込もうと結構難しいなと思っています。

というのも、今でもアマゾン転売(欧米/国内)、化粧品のリピート通販、株、FX、情報発信などやっている事が多岐に渡っており、どれもそこそこ結果が出ているからです。

さらには、今も他のビジネスなどを研究していると、自分にも出来そうと思う事も多々あるからです。

5年後の成功を目指したときに、何をメインにやっていくかというのが最初に直面する課題です。

しかし、一方では1人で稼ぐ事を追求して、それが実現可能な現代と、私が話をお伺いした諸先輩方がスタートした時代のインフラとに差があるため、

何か一つを形にして、ネットを駆使して作業時間を極限まで減らして、いくつも事業を運営するというのも、今の時代にあったスタイルなのではとも思っています。

孫さんはソフトバンクの事業の軸を決めるまで1年半ぐらいかけてやったそうですが、

私も今の考えのもと進めながら、常に軸を作る事を考えて、1年以内ぐらいに確固たるものが定まればよいという気持ちで、じっくり考えていこうと思っています。

P.S.
10代はプロサッカー選手、20代は公認会計士、30代は富豪となりたい目標が年代事に変遷しており、こういう目標が定まっている時はやはり私自身人生ブレずに充実している気がします。

結果、成れたり、成れなかったりとありますが、その過程が自己を成長させている事は間違いなく、40代はどういう目標を立てているか完全に未知ですが、

とりあえず、5年後40のときに富豪という目標を達成し、更なる大きな視点を持てるよう今から5年後の未来の成功を見据えて今日も地味な努力を継続しようと心新たにする次第です。

関連記事

ページ上部へ戻る