レバレッジは恐いものか?

昨日、FXのスクールの方でレバレッジをかけるのが恐いのですが、

レバレッジを利かせた方がよいでしょうか?

というようなご質問を頂きました。

レバレッジを使って稼ぐというのはざっくり言うと手元の現預金の何倍ものお金を借り入れて、それにより利益を増やすという手法です。

ビジネスでも投資でも元本を投じてリターンを得るというのがお金を稼ぐ基本です。

よって、元本が多ければ多いほどより大きく稼いでいける事は間違いありません。

ただし、ビジネスでは、銀行などからいつでもどんどん融資を受けるというのは難しいので、

レバレッジ1〜2ぐらいでコツコツ稼いでいくイメージです。

一方、FXは800倍とかまでレバレッジを利かせられるので、10万円の資金しかなくても

8000万円の融資まで受ける事が出来る事を意味しており実はレバレッジというのは大変有り難いものなのです。

レバレッジが恐いというのは、単に手元現預金以上のお金があってもその資金を運用出来るほどの技量がまだ備わっていないという事なので、まずは技量を上げる事が先決です。

アマゾン転売など物販で稼いでいる人の方がこの感覚はよく分かると思います。

というのも、
月30万円ぐらい稼ぐまでは、元本云々よりも、稼ぐ技術を付けるという事が先決で、稼げるかどうかが一番の課題です。

が、稼ぐやり方が分かり、実際に稼げるようになってくると、儲かる商品はたくさん見つかるのに、仕入れるお金がないという状況に陥ります。

そして、資金をどう調達するかが一番の課題に変わり、融資などを受ける事により、一気に利益を伸ばしたりします。

物販で銀行融資などを受けた事がある人は分かると思いますが、実力があるのに、数値でそれを示す事が出来ず、希望額を中々借りられないという事はざらです。

その点、上述の通りFXは最初からレバッレジが認められているので、瞬時に自己資金の800倍まで借りられる状況が出来ているのです。

例えば、FXでは元本20万円ぐらいで1日20万円とか稼ぐ事もありますが、

これはレバレッジを利かせられるからなせる技で、アマゾン転売などではせいぜい20万円だったら1ヶ月後に4万円稼ぐぐらいがやっとな元本だと思います。

すなわち、稼ぐ技術がなければレバレッジが低くてもお金が減るだけなので、意味はないですが、

反対に稼ぐ技術があればこれほど、合法的な資金調達手段はないというぐらい素晴らしいものがレバレッジだと思っています。

ビジネスでも投資でもレバレッジを利かせずに資金を加速度的に増やすというのは難しいので、技量の向上に伴い物販でも投資でもレバレッジをうまく活用する事をお勧めします。

関連記事

ページ上部へ戻る