記憶力と理解力

昨日「1日で100万稼ぎました!」という記事を書きましたが、
http://bit.ly/2dxvDwl

これぐらい稼げるようになっても、稼ぐというのに結局必要な要素はやっぱりこれだよなと思う事があります。

それがタイトルで上げた「記憶力と理解力」です。

例えば、トレードだとチャートパターンを全部記憶して、なぜそうなるかが理解出来れば負けません。

なぜなら、その通りに対応していけばよいからです。

又、アマゾン転売などにおいても、やる事をまずは全て記憶する必要があります。

その上でその行程を踏む事によりなぜ稼げるのかを理解すると、注力すべき事が分かって稼ぎも増えます。

これは、学生時代から同じような感じだなと思います。

例えば、テストも教科書を記憶して、公式の意味なども理解していれば、教科書に直に載っていない応用問題なども解けるわけで高得点を取れます。

同じように授業を受けていても高得点を取る人と赤点を取る人がいるように、

何かに取り組んでも必ず稼げるようになるわけではなく、記憶と理解をしっかり行わなければ稼げるようにはなりません。

私は、理解というのは記憶があっての理解だと思っており、

まずは、無数にちらばっている知識を片っ端から入れて、点をたくさん作ります(記憶段階)。

そして、それがやがて線になり、面となって理解が完了します。

よって、まずは分からない事が多くても新しい知識をどんどん入れるべきだと思っています。

そして、それらをどんどん記憶していくべきです。

ただ、記憶力がないとその先に中々いけないので、記憶力を増すというのが能力としてまずは上げるべき事だと思っています。

この記憶力を上げる為には、「繰り返す」もしくは「失敗/検証を行う」の2つだと考えます。

つまりは、記憶するまでまずは何回も動画を繰り返し見たりして記憶力を高めるか、

とりあえずまずはどんどんやってみて、失敗しながらなぜ失敗したのだろうと検証する事により記憶を深めて行くかのどちらかだと思います。

私の場合は、正直どっちもやります。

やる前にしっかり考えますが、考えてもやってみないと分からない事も多いのでどんどんやります。

やりながら失敗を重ねて、なぜそうなったのだろうと検証していく感じです。

これが、記憶と理解を同時並行で進める為には一番早いと思っています。

稼げるレベルに到達するために、結果が出るまでひたすら、記憶と理解を深める事に注力する。

やる事はただこれだけです。

学生時代勉強が出来る人というのは、小学校、中学校、高校と常に勉強が出来る事が多いです。

これは、勉強における記憶と理解のコツを掴んでいるので、習う事が変われど常に勉強が出来るのだと思います。

稼ぐ事も一緒で、何かで稼げるようになった人は別の分野でも稼げるようになる事が多いです。

これも、稼ぐ事における記憶と理解のコツを掴んでいるからだと私自身思います。

資産1億に到達するためには、稼ぎをどんどん増やしていく必要が当然あります。

そのためには、稼ぐ事における記憶と理解の偏差値を上げる事が必須です。

よって、まずはたくさん記憶する事、そしてそれらを深く理解する事を意識的にやるとよいと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る