理想の人生

昨日の記事では、福島ファイナンシャルビジネススクールの開催動機を書かせて頂きました。
http://tax-complete.jp/foundation/1450/

その中でスクール生について自分の考え方に共感してくれる人を対象とさせて頂きますというような事を書きました。

副業から始めて独立し、会社を設立して、稼ぐ額なども増えてきましたが、

自分が定義する理想の人生というのは、サラリーマン生活が自分には合わず、どういう状態が理想かというような事を

考えていた頃から今も全く変わらず、「好きな時に、好きな事を、好きな人と、好きな場所で、好きなだけ楽しむ」という人生です。

そこを目指して色々模索する中で辿り着いたのが、組織化せずに資産1億を貯めて年利5%で運用するという事です。

よって、分かりやすいように、資産1億や年利5%という数値を出していますが、

根本には、「好きな時に、好きな事を、好きな人と、好きな場所で、好きなだけ楽しむ」という自分が理想とする人生観があり、

それを達成するための必要条件が上記数値に表れているにすぎません。

そのため、今度のスクールの開催動機には上記のような人生観を共有出来る仲間作りというのも実はあります。

ビジネスやトレードで稼ぐという事だけだったら、1人でも出来ますが、上記理想の人生観においては、必ず自分以外の誰かの存在を前提としているからです。

例えば、現在福島ゼミなどで長く私のもとで学んで下さっている方々もいます。

きっかけは、教える側、教わる側というサービス提供を介しての出会いですが、

サービスだけにお互い重きをおけば関係はそこで終了です。

ただ、人生観を共有出来ていれば、サービスが終了してもプライベートでの付き合いは当然に続きます。

極端な事を言えば、1人だけ働かなくて、好きな事を出来る時間が作れても、家でTVを見たり、ゲームをしたり、

読書したりする事ぐらいで大して楽しくないのです。

話が合う友人がいるからお酒を飲むのが楽しかったり、色々な体験を共有出来る人がいるからより楽しかったりするわけです。

さらには、これも私の人生観の一つですが、人生思い出作りだと思っています。

どう生きたって人生の時間には限りがあります。

そうであれば、自分と志を同じくする人たちと切磋琢磨して成長していきたいと思っています。

これは、私自身学生時代はずっとサッカーをやっており、土日でも1日家にずっといたという記憶はないぐらい、

毎日サッカー漬けの毎日で、きつい練習や、厳しい上下関係など大変な事もたくさんありましたが、

サッカーが好きという事やプロになりたいという目標を同じくする仲間と切磋琢磨した時間というのは思い返せばやはりかけがえのない時間だったと感じています。

よって、まだまだ私も道半ばですが、同じ目標に向かう道半ばの時の出会いだからこそ

将来的には貴重なものになるという考えがあるからです。

さらに、実利的な事を言えば、まだ道半ばでリアルに自分がやっている事だからこそ、細部まで教える事が出来ます。

10年前にトレードで資産10億築いて、今そのときの知識や技術を教えますというのであれば、

自分の中でも細部の事は忘れているでしょうし、何よりどの分野でも日々進化しているので、

その手法が風化している事だって多分にあるわけです。

大事なのは今稼げる手法で、今やっているからしっかり教えられるというところがあります。

これらの理由により福島ファイナンシャルビジネススクールを開催しようと思っています。

では、本日は以上です。
明日からはより具体的にスクールの事について書かせて頂こうと思っています。

関連記事

ページ上部へ戻る