月収ではなく資産を目標に掲げる理由

私は学生の頃は学校では勉強、放課後はサッカーの部活という事で過ごしていましたが、
その合間にゲームをやるという事も好きでした。

サッカーゲームやロールプレイングゲームなどをよくやっていましたが、
そして、正月になると学校はないですし、サッカーも初蹴り以外3日ぐらい休みになったりします。
そのため、その3日ぐらいはひたすらゲームをやっていました。
当時を振り返った時に思い出すのは信長の野望というゲームです。
これがメチャクチャ面白く目がかすむほどひたすら正月にやっていました。

最近は全くやらなくなってしまったのですが、本来それぐらいゲームが好きだったりします。

そして、前に言及した事がありますが、トレードはロウソク足で構成されるチャートを分析指標などを使って、将来を当てて行くゲームのような感じです。
それで、当たるとリアルなお金が手に入れられます。
これは、ハマりました。正月と言わず、誰に何を言われる事もなく、平日24時間暇があればやっていいゲームです。
最初は攻略しようと知識を入れるのが楽しく、最終的には相場の型を見つけて、俯瞰して波にのっていく感覚を掴めるようになってきて、日に日にレベルアップし、相場というゲームの世界にのめり込みました。
これは、間違いなく楽しいです。
一生遊べるゲームです。
ここには、人間の心理や世界中で起こる経済を中心とした事象が全て反映されるゲームです。
世界で今何がどうなっているのか、人は今何を思うのか、それがチャートに表れます。
この世界を知れた事が2016年最高の出来事です。

チャートは見れば見るほど、色々な気付きがあり、どんどん分かってきます。
よって、来年も平日は1日も休まず体力が続く限り、知識の習得と、相場の観察をひたすらやります。
といっても、毎秒、毎秒見ている必要はなく、どっちにいくか不明な時や、確率の高まりを感じる事が出来ないとき等はする事がないので、ビジネスやったり、他の事をします。

ただ、ただ、目標資産を構築するために、ひたすら頑張ります。
3ヶ月に1度のスクールの懇親会以外誰とも会わず飲み会などもせずひたすらやり続けます。
それぐらいの意気込みです。

毎日5時に起き、寝る11時ぐらいまでは寝食以外全てビジネスとトレードにあてます。

言葉で書くと、かなりストイックな感じですが、これは公認会計士の受験時代からやっていた事で、周りが思うほど、そんなに大変ではなく、心地よい疲れと、大きな充実感が得られるので実はすごい楽しい時間の使い方だったりします。

目標達成に才能なんていらないと思っています。

必要なのは、毎日限界まで努力出来るかです。
「限界まで努力」だと抽象的ですが、12時間仕事出来るかです。

これをするために、体調管理が必須ですし、規則正しい生活も必須です。
飲み会も無駄ですし、経済活動以外の遊びなんて要りません。

想像出来る遊びなんて5年後も10年後も必ずあります。
未来なのでもっと楽しい遊びもあるかもしれません。

資産を築いてそれを運用し、インカムゲインだけで自由に暮らせればそんなのいくらでも出来ます。
そこにいくまでが非常にしんどいので、中途半端では無理だと思っています。
よって、追い込みます。

しかし、何度も言うようですが、私自身は会計士の勉強時代と全く生活は変わらず、当時も携帯など一度も出た事もなく、予備校だけが生活空間でした。

当時を振り返ると、私自身人生で一番充実していて楽しかった記憶があるので、私の中では苦ではいです。

結局稼ぐには作業量です。
後から思い返せば無駄だと思う作業も多々ありますが、
それもやらなければそのときの自分のレベルでは分からない事で、
量をがんがんこなす事です。

やる事なんていくらあります。
トレードであれば相場観察です。
24時間観察していたって良い訳です。
ただ、ぼーっと見ているだけでもいいかもしれません。

中途半端に生きるのはもう辞め、完全にぶち抜きます。
その魂のこもったメルマガを来年以降も書いていこうと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

関連記事

ページ上部へ戻る