有利な位置

yuuri

一昨日、インカムゲインを狙う資産運用においても、

キャピタルゲイン(値上益)を考えなければいけないという話をしました。
この場合、重要なのはやはり取得位置です。

底値付近で買えれば、それより下がるリスクが限定され、キャピタルロスの可能性が下がります。

そして、キャピタルゲイン狙いの場合には、その後出来るだけ高値で売りたいという事を考える必要が出てきますが、

インカムゲイン狙いの場合には、キャピタルロスが生じなければよいので、

高値から多少下落したとしても、取得単価より上であれば、全然問題ないのです。
よって、インカムゲイン狙いで長期投資で保有する場合には、

キャピタルゲイン狙いの短期投資にも増して取得位置というのが非常に重要になってきます。
又、キャピタルゲイン狙いでも当然取得位置が有利な方がいいのは間違いありません。
ゆえに、何がいいたいかというと、投資の基本はエントリーの位置です。

投資を勉強/実践する場合にはまずがエントリー位置を適切にする事を追求すべきです。
ここを間違えなければ、大損する事はなく、逆に値上がり益を大きく狙えたり、キャピタルロスを気にせず長期に保有する事が可能になります。
そのため、有利な位置で買えないものは買ってはならず、

その後そのまま上昇していってしまったら縁がなかったと見送るのが賢明です。
ほとんどの場合は、また下がってきたりするので、その時に買えばよいのです。

もしくは、そのままそれが上がってしまった場合でも他の投資対象物が今度は有利な価格になっていたりするので、

そっちに意識を傾けていくという事が重要になってきます。

 

昨日の記事とも重複しますが、かなり下がっている悲観的な時に買い、皆が楽観しているときに売る、

そして、取得位置が有利なものがないときは何もしない、これが最も投資においてうまく立ち回る方法だと考えています。

 

株、為替、商品、不動産、その他、稼ぐ事においては全てに共通するのがこの「有利な位置」か否かという事です。

その次に重要なのがこの有利な位置に入ったときに、しっかり資金を投じていけるというのも大事です。

是非、意識づけしてみて下さい。

 

関連記事

ページ上部へ戻る