トレードで勝つための2要件

Requirement

最近は、FBS(ファイナンシャルビジネススクール)のスクール生と対面コンサルをしたり、

正月にスリーステップトレードを購入頂いた方のメールサポートをしたりなど、

トレードをスタートさせたばかりの方(もしくは経験者だけどまだ思うように稼げていない方)と、

話したり、質疑応答させて頂く機会が増えています。
その中で感じるのは、皆トレードをビジネス的な思考で考えているという事です。

つまりは、リサーチや交渉のようにがんがんやればいいと考えている人が多いです。

そして、トレードはワンクリックで買い、売りが出来るので、作業自体は簡単なためよりやりたいわけです。
もちろん、取引回数が増えれば稼ぐチャンスも増えますが、

その取引の勝率を考慮しなければやみくもに取引を増やしても意味がありません。
例えば、何千回と取引して結局結果がマイナスの人よりも、

1回しか取引していないけれど1万円のプラスの人の方が良い訳です。
重要なのは、勝率の高い(勝てる)ポイントなのかという事です。

損切りをする事はあれど、やればやるほどトータルで利益が出るという事が重要です。
さらに、取引回数を増やす事に抵抗はないけれど、取引量を増やす事に抵抗があるというのも稼げません。

例えば、月10万稼ぐのと月100万稼ぐのとでは取引量を単純に10倍にする必要があります。

常に一定の取引量ではどれだけ長くやっても稼ぎが増えて行く事はありません。
(もの凄く緩やかに足し算的には増えると思いますが、足し算であればビジネスの方が確実です)

 

ゆえに、トレードで勝つ為には、勝てるポイントで、大ロット(大きな金額)でトレードする事です。

稼げていない人ほど、中途半端な取引ポイントで取引回数は多いものの、取引量は少なくジリ貧である事が多いです。
もちろん、最高に稼げるのは勝てるポイントも多くする事により、取引回数が増えかつ大ロットで勝負出来る事です。

 

私の変遷を振り返っても、最初は勝てるポイントをメチャクチャ探しました。

その中で勝率の高いポイントのみでトレードする事によりトータルで負けなくなりました。

ただ、勝率が高いポイントといってもそれらのポイントにも勝率の差はあります。

しかし、レバレッジが3倍までしか利かない国内株式投資では、

ある程度複数のポイントでエントリーしていかないと中々資産が増えなかったので、ポイントを増やしてやっていました。
けれど、海外FXに市場を移してからは、

10万で8000万ぐらいまでの取引が出来るようになったので、本当に勝率の高いポイントでしかエントリーしなくなりました。

それでも取引量を増やす事で大きく勝っていく事が出来ます。

さらには、日足売買からデイトレードに切り替える事により取引回数も増やしました。

 

確実に言えるのは、「取引量=取引回数×ロット(1回の取引金額)」が増えなければ、稼ぎが増えないという事です。

そして、取引量を増やすためには、取引回数を増やすか、ロット(取引金額)を増やすかです。

ここのバランスは重要ですが、その前提としてその取引における勝率というものが大前提となります。

 
是非、トレードをされている方は、根拠を持って取引をしているのか(勝率の高いポイントなのか)という事をしっかり考えてみて下さい。

その上で取引量が増えなければ、稼ぎは増えないので取引量が増えているかもチェックする事をお勧めします。
(毎回、毎回小額で勝ったり負けたりでは、資金が増えないので)

関連記事

ページ上部へ戻る