投資の勉強の仕方について

先日、以前から私のスクール等を受けて頂いている方から
「投資の勉強の仕方について」という以下のようなご質問を頂きました。
「投資の勉強の仕方について」
投資に限らず、ネットショップなど素人的にとっつきにくい分野でも短期間で結果を出されたのをみて、
どういう着目点や変遷で勉強を深めてこられたのかなということに興味があり、いつかお伺いできればと考えておりました。
以前マインドが全てとお話いただいたと思いますが、
情報の取捨選択の仕方にもすでに成功の分かれ道がある気がしており、
気をつける点などがあればアドバイスいただければ幸いです。

「これについての私の回答は以下の通りです。」
質問内容を拝見すると、恐らくもっと取り組むものに深くのめり込みよく考える事です。
経験を積む前に頭で考えようとしても、分からない事が多過ぎるので恐らく無理です。
どうやったら勝てるのか、どうやったら負けないのか、何で勝てないのかその都度深く思考してみて下さい。
その過程では、やりまくるしかないです。
起きている間常に相場の事を考え、時間があれば取引を繰り返してみて下さい。
そして、都度検証です。
これが出来れば、恐らく今抱いている疑問は全て解決されると思います。
要は、稼ぐ系のものは稼げるかどうかが全てで、その過程はあまり考えても意味がありません。
考えて、実行し、結果を出す。ただこれだけです。

 

所謂「情報」というのは先日お話した形式知です。

これは、経験によって多少取捨選択がうまくなるという事があるかもしれませんが、

別に私自身強力なコネがあり、他の人が知らないような事を知れるという事は全くありません。

むしろ、投資仲間など皆無です。

ただ、誰でも知れるような情報であったとしても、その数は膨大です。

それらを知っている量には差があると思っています。

書籍を読む量だったり、ネットや何かで調べる時間だったり、

それを理解するために深く読み込んだりなどの作業が人より多いので、

普通に誰でも知れるような情報なのに、知っている人が少ない事を、私だけが知っているという感じになるのだと思います。
又、上述の通りこれはあくまで形式知の話です。
ここから実際に稼ぐにあたって重要なのは経験によって得られる「無形知」です。

例えば、MACDのゴールデンクロスが買い、デッドクロスで売りというトレード手法があったときに、

まずこの「MACDのゴールデンクロスが買い、デッドクロスで売り」という形式知を知らなければ完全に勉強不足です。

こういった分析指標だけでも何百とありますが、それらを全てまず定義や計算式、売買サインなどを知ります。

通常、多少は知っていても全部を知ろうと思う人はいないと思います。

しかし、私は調べられるだけ調べ尽くします。

ここにまずは差があると思います。
そして、話を戻すと「MACDのゴールデンクロスが買い、デッドクロスで売り」という手法については、

ある程度機能している事は確認出来ても、それだけで売買して常に勝ち続ける事は難しいという事がやってみれば分かります。

そこで、どうしたらその機能しない時に対応出来るかという事を考えます。

例えば、オシレーター系指標と併用して、騙しを回避しようとしたり、常にパラメーターを可変的にして、

直近の相場に合うようにMACD自体を変化させたりなどアイデアを試します。

その中で、これだと思うものがあればそれを踏襲すればよいですし、そもそもミクロ的思考に成り過ぎていて

様々なパターンに対応する事が無理だと思えばマクロ的に考えたりなど縦横無尽に考えます。
例えば、日本株の個別銘柄をもの凄く精緻に分析出来たとしても、日本株は日経平均やドル円に強く影響を受けるのでそれらも分析しなければ、高い利回りをキープ出来ない事に気付きます。

だとすれば、どうやって手法を変化させていけばいいか、そもそも今やっている事自体合っているかなど振り出しに戻って考える事もあります。
こんな感じで、常に考え、実行し、検証し、実行し、考え、検証しなどを繰り返しています。

そのための前提としては、膨大な形式知があった方が有利ですし、

上記の作業を繰り返している経験が長いほど、その作業が普通に行えるので、苦なく素早く解決策が浮かんできたりするようになります。

 

度々例に出しますが、ニュートンが万有引力を発見出来たのは、常に物理の事を考え、実験を繰り返していたからです。

何か物事を極める時には、それだけにのめり込み、それ以外の事を考えたり、実行したりしてはダメです。

もちろん、本業があったり、家事をしなければならないなどの事象はそれぞれあるのは当然ですが、

意識レベルは常に一点集中、極めるまで根性で続けて、負けても諦めず、勝って大きな結果が出るまでやり続けるという事です。

 

「時間がない」「負けて損をしたのがツライ」「やる気が出ない」など結果が出るまでの負の感情など全て無意味です。

そういった感情を感じたり、考える暇があったら少しでも今の自分のレベルを上げる為に、やるべき事、足りない点などを考え、実行です。

歩みを止めている暇などありません。それは資産が出来たらでいいのです。

 

というようなテンションで、毎日過ごしています。

私も大変だなとか中々うまい解決策が見つからないなどと思うときもありますが、

自分を奮い立たせて毎日強引にでも机に向かいます。

その取り組むべきものに向き合わなければ、その悩みは絶対に解決されないからです。
そして、これまで世になかったものを生み出す天才達のレベルに行かずとも、

自分が悩んでいる事の大半は、そうやってのめり込んで思考し、実行、検証していればほとんど解決されます。
そのため、どんなに忙しくても、毎日少しでも自分のレベルが上がるように、

形式知や無形知を付ける作業をする事をお勧めします。

これまでの自分自身の人生に照らして考えたり、

成功者の方を見てもこの王道しか、成功への道はないと確信しています。

関連記事

ページ上部へ戻る