130万の損失を出しました

私が日々こうやって記事を書かせて頂いて、

読んで頂いてる方が、どういう思いで読んでいるのかを考えると、

学びがあったり単純に読んでいてモチベーションが上がるなど、

何らかのプラスの効果があるので読んで頂いているのだと思います。
私は、日々トレードを含め鬼のように仕事をします。

それにより、知識や経験がどんどんアップし、

モチベーションなども常にMaxです。

よって、それらが新鮮な情報となってお届け出来たり、

熱(≒やる気)を伝える事に繋がっていくと思いますので、

引き続きがんがんやっていく中で感じた事や

得た情報などを都度発信していきますのでどうぞよろしくお願いします。

 

では、今日は「130万の損失を出しました」という記事を書かせて頂きます。

このブログでは何度も言及していますが、

資産1億及びその年利5%運用で、日本で普通に生活する分には足ります。

つまり、それ以降はお金を稼がなければいけないという状況からは解放されるので、

まずは、必死に資産1億及びその年利5%運用を目標として、

ビジネスもしくはトレードに必死に取り組むべきだと考えています。
ただ、その一方で所詮お金はお金だよなという思いも常にあります。

私が副業を始めた当初(7年前ぐらい)は輸入転売という物販事業をメインにやっていたのですが、

100万ぐらいしか貯金がない頃に200万ぐらい仕入れて、

それに対して、250万ぐらい債権が回収出来る予定だったのですが、

売った先の企業が倒産して債権が回収出来なかった事があります。

その後裁判をして回収を図ったのですが、結局70万ぐらいしか戻って来ず、今は相手が消息不明なので、取り立ても出来ない状況で、結局130万ぐらいの損をしました。

ただ、今思い返すと、通常だったら10%ぐらいの利回りしか取れない商品について25%ぐらい取れる売値で買ってくれる事自体怪しく、初めての取引先なのに、後払いなどを認めてしまった事など反省点はたくさんありました。

当時はかなり青ざめましたが、今となっては必要な経験だったなと思います。

ただ、自分は必ず結果を出して成功してやるという闘志はその頃から人一倍で、失敗をせず成功する甘い世界ではないと元々思っており、

全ては経験を積む事が後に結果を出すには何よりも重要だと考えていました。
よって、自分に必要な知識や経験が積めるのであれば、全財産を失ってもいいと常に思っていました。

もちろん、当時は副業で本業からの稼ぎがあったため、それで暮らしていけるという前提ありきですが、

最初は全てにおいてレベルが低いので、それを上げるためには時間とお金をかけるしかないと思っていたからです。

 

そして、初心者であればあるほど、知識、技術、経験、元手など稼ぐ上で必要な要素が全てにおいて低い事が多いです。

よって、知識、技術、経験、元手がある人に比べ圧倒的に失敗しやすい状況にあります。

ただ、どんな稼いでいる人でも初心者であった時はあり、失敗を繰り返しながら、

知識、技術、経験を積み、元手を作り稼げるようになっていきます。
すなわち、上記のように私がまだ初心者の頃に130万の損失を出し、

やっぱりビジネスなんて稼げないという考え方や、意気消沈して落ち込んだりしていたら今の私は当然ありません。

ただ、上述の通り稼ぎたいという思いとは別に、お金は所詮お金で、自分の知識、技術、経験が全てでそれらを向上させるためなら、

全財産を失ってもいい(全財産をかけてもいい)という思いが常にあったので、

失敗を検証し、次に生かすという事を繰り返してきました。
失敗をした時の方が、感情が揺さぶられるので、物事がより深く見えたりします。

机上では分からないリアルが分かります。

これこそが稼ぐ上では重要で、ベタですが「失敗は成功の元」と言われる通り、

初心者の頃はたくさん失敗してやろうという思いで、がんがんやっていった方がよいと思っています。

やらないと絶対に分からない事があるので。

そして、さらに大事なのは、失敗をしたらなぜそうなったのかを検証し、その失敗を次からは防ぐ事です。

この行為の連続でしか、成功に必要な知識、技術、経験は向上していかず、

失敗ありきの成功なので、初心者の時こそ、「知らない事による度胸」が強みであったりもするので、

ビビらず自分がこれだと思う事をどんどんやればよいと思っています。
私自身、100万の貯金しかないのに200万仕入れて130万損したり、

公認会計士という世間一般からしたら安定した職を捨て、

自分で会計士の分野とは全然違うところで独立したりと、

日本の一般社会において「普通」と言われる感覚ではないと思っています。
ただ、個人的には、過去は過去で、これからやってくる将来を自分の理想に近づけるために現在があると思っており、

人の目なんて関係なく、プライドなんて別になく、ただただ今を夢中に、自分の理想に向かって

楽しみながら生きていければそれが最高の人生だと考えています。

その価値基準は自分の中の「心(思い)」なので、お金とか数値化出来るもので計れる訳はなく、

お金は所詮お金で、そこを過度に意識するよりも、知識や技術、経験など数値化出来ない内面にフォーカスして

取り組んだりした方が、結果的にお金という数値化出来るものも付いてきやすく、

何より、自分の人生を理想に近づける術が培われるので、より豊かな人生が送れると考えています。

 

 

では、本日は以上です。
今日の記事が少しでも何かの気付きになっていれば嬉しく思います。

関連記事

ページ上部へ戻る