月収100万の手取り金額とは?

「月収100万円」というのは、ビジネスやトレードをやっていて、一つの目標だと思います。

さらには、サラリーマンとして働いていて月収100万円貰っていたらかなり高給取りだと思います。
では、月収100万というのは、実際手元にどれくらい残ると思いますか?

以下、月収100万の時の手取額について計算したいと思います。
(住んでいる地域や控除の割合などで多少変わってきますが、概ねの金額で捉えて頂ければと思います)
まず、給与から控除されるのは、所得税と住民税に会社勤めの人であれば、厚生年金と健康保険の社会保険料です。

この内、最初に控除されるのは社会保険料で月収100万円の時は年間で約128万円程度(個人負担分)支払う必要があります。

次に、所得税の計算は給与の年額からこの社会保険料の支払額や給与所得控除、基礎控除などを引いた課税所得金額に所得税率を掛けます。所得税額控除なども加味して所得税は約115万円です。

さらには、課税所得金額に10%を掛けたものが住民税で、これは81万円程度です。

ゆえに、月収100万という事は年収1200万なので、手取りはここから324(128+115+81)万円引いた876万円という事になります。

これを月額にすると、約73万円です。

すなわち、月収100万の時の手取額は73万円という事になります。

<月収100万円>
給与額面:1200万円
社会保険料:128万円
所得税:115万円
住民税:81万円
年間手取:876万円
月額手取:73万円
*住民税を翌年「自分で納付」などの後払いにしている人は住民税だけ貰う時の手取りは上がると思いますが、
最終的な手取りは一緒です。

同じように、月収200万円、月収300万円の時を計算すると以下の通りとなります。
<月収200万円>
給与額面:2400万円
社会保険料:150万円
所得税:517万円
住民税:199万円
年間手取:1534万円
月額手取:128万円

<月収300万円>
給与額面:3600万円
社会保険料:150万円
所得税:997万円
住民税:319万円
年間手取:2134万円
月額手取:178万円
上記を見ると、累進課税制度の実体がよく分かると思います。
月収100万の時の手取りは73万円なので手取率は73%です。

次に、月収200万円の時は手取りが128万円となるので、
手取率は64%です。

そして、月収300万円になると手取りが178万円となるので、
手取率は59%です。
給与額面が大きい方が手取額は当然大きくなりますが、
手取りの率は段々減ります。
又、社会保険料については、月収200万と300万が一緒な通り
税と違って月額給与が140万円ぐらいを超えてくると、上がらなくなります。
いかがでしょうか?

こうやって数値で表すと、月収が高いと言えど意外に手元には残らないという事がよく分かるかと思います。

さらには、会社を自分で経営している人は、社会保険料の会社負担分も実質自分で負担する事になりますし、

会社の法人税等や消費税も支払う必要があります。

よって、個人で資産1億円というのは、相当レベルが高い事が分かると思います。

ただ、以前の記事で書いたように会社を作ると、退職金制度を使っての節税や、

各種経費計上などにより、合法的に節税をする事が出来るので、

しっかりそういった事も取り入れてやれば、

資産構築においては大いにプラスとなります。

 

では、以上です。
今日はちょっと夢のない話になってしまったかもしれませんが、
妄想を抱いていてもしょうがないので、全てをしっかり数値で捉えて、
資産構築をコツコツとしていきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る