急落相場に買い向かう

私の投資法を知ってい人はわかると思いますが、

私の手法の中の一番の得意技は、急落時に買う逆張り戦略です。

この手法を教材にした、
株のスリーステップトレードは1月19勝1敗という成績でした。

2月にも再販させて頂き、
本日までで、3週間程度経過しているのですが17勝0敗です。

株の場合には、レバレッジが低いので、
私の現在の主戦場は海外FXですが、基本的に手法は大きく変わりません。
先週末も、海外FXで私の手法を教えた生徒の方から以下のような結果報告もいただきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
福島様
お世話になります。
●●です。
●●を学習し始めてから約4週間が経過し、
現在の利益は561,619円になります。
<中略>
以前までは
FXはギャンブル、という感覚を持っていたのですが、
今では全く見方が変わってきています。
本当にありがとうございます。
<中略(自己のトレード分析記載)>
FXで大きく稼げるように愚直に取り組んでいきます。
今後とも宜しくお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私自身は、逆張りの売りもやりますし、順張りの買い、売りもやります。

ただ、私の中では、もうこれ以上下がらないだろうと思ったところでの買いが一番手堅いとやはり思っており、

教えている手法の中でもメイン手法としています。

 

負けないのが投資だとすると、下がりきったところで待っていれば自然と上がるでしょという単純なところが発想の起点にあります。

その中で資金配分だったり、そもそも下がりすぎとは何をもって下がりすぎなのかというのはノウハウになるので割愛しますが、

この何を持って下がりすぎか、そして上がる根拠に何があるのかまで突き詰められれば、長期投資も結局この延長線だと考えています。

そういう意味で、スリーステップトレード教材を本当に私の投資の基礎だと思っています。

私は長期投資までを含め、全ての思考の原点にこのスリーステップトレード教材の考え方が生きているからです。

というのも、どんなに優れた理論でも稼げなければ意味がなく、稼げるノウハウから手法/思考を昇華させて、海外FX、長期投資にも行っているので、同じように稼げるという訳です。

もちろん、全く一緒ではないですが、稼げる原理は一緒だと思っているからです。
「急落相場に買い向かう」これは、無知な人がやれば、即退場してしまうような、王道からは外れたやり方です。

ただ、どう考えてもその姿勢が最も手堅いので、そこを突き詰めた訳です。

 

FBS生には4月から長期投資も教えていくので、今資料作りなどを行なっているのですが、

短期とは考え方や知識で新しいものなどはたくさんあるものの、根本は上がるか下がるかの2択が相場で、

その売買タイミングが全てというのも、一緒なので、原理原則は一緒だなと作業はしならが改めて思った次第です。
誰もが、リーマンショック後/アベノミクス前に株を買えていれば資産が増えたという事を今論じる事は簡単ですが、

株自体をやっていない人を含め多くの人はそれができなかったわけです。
(私もですが)
それは、準備が出来ていなかたっからなので、
私自身もそうなのですが、今から準備する事が必要であると考える次第です。

そのポイントも、「急落相場に買い向かう」だと考えています。

関連記事

ページ上部へ戻る