何をやるかで全てが決まると思う

ネットビジネスやトレードの世界では、年収1億だったり、

資産100億だったりという人たちがいます。

しかし、彼らがサラリーマンをやっていたらそんなに稼げなかったと思います。

例えば、会社にいたら年収400万だったけど、独立して自分でビジネスをやり出したら年収1億円になったという人もいると思います。
こういった事がある事は容易に理解出来るかと思いますが、

この事例を持ってその人の持っているポテンシャルが急激に上がったのかというと、それは違うと考えます。

元々こういう人はすごい人だったのに、すごくないところにいたために、結果がついてこなかっただけです。
つまりは、どんな能力がある人でも、属する組織/業界に能力がなければ、爆発的な結果は出ないという事です。
市場規模が10億で利益率が3%の業界があったとします。

この業界においてどれだけ頑張ってもMax利益は3000万円です。

よって、ここでどれだけ能力が高い人が頑張っても、外部環境に能力がないので、結果は知れています。
逆に、市場規模が1000億で利益率が20%の業界があったとします。

この業界において、Max利益は200億円です。

よって、0.15%のシェアでも取れれば利益は3000万円です。

こういった業界に能力のある人がいけば、シェアを1%とかに伸ばし、2億の利益とかが獲得出来るようになります。
というように、自分自身のポジションニングというのは自分の頑張り以上に重要だったりします。

能力がない人でも、大手の看板をぶら下げていれば、営業で契約が取れるなどもそういった例の1つだと考えます。

 

私が今メインでやっているトレードとかは資産100億の人もいるような世界です。

よって、100億いっていないという事は自分の能力不足以外の何ものでもないのですが、

業界選びは間違っておらず、ここで能力を発揮出来れば100億も目指せるという事です。
逆に、サラリーマンをやっていたら、上場企業の社長とかでも1億円ぐらいがいいところだと思います。
お金がもちろん全てではありませんが、上場企業の社長になるぐらいの能力があれば、

トレードをその間そのテンションでひたすらやっていたら、トップオブトップにはなれなくても、

数十億円は稼げるトレーダーになっていた可能性だってあるという事です。

 

ゆえに、結局はポジショニングという言葉で要約される「何をやるか」というので、

可能性は決まってしまうので、ここをしっかり考える必要があります。
だからこそ、私はサラリーマンに見切りを付け、独立して、アマゾン転売をやり、

それも利益率や在庫リスクなどを勘案し見切りを付け、ネットリピート通販にし、

さらに、国内株式投資にいき、今は海外FXに来ているというところがあります。
これは、全て何をやるかで、結果に雲泥の差が出るということを知っているからです。

それは、現在やっている長期投資にも生きていて、四季報などを読んでいると色々な業界がありますが、

業界によって稼ぎやすさとかは全然違います。

パイが狭いところで、自転車操業のように運営している業界もあれば、

利益率が高く、世界展開も視野に入れられるような美味しい事業をやっている業界もあります。

恐らく、そこで働いている人たちの能力にそれほど差はないと思いますが、

数値的な結果には、明らかならる差が付いています。
ゆえに、是非このポジショニンングという事を意識して、自分自身の立ち位置を見直したり、

企業を分析したりする事をお勧めします。

 

関連記事

ページ上部へ戻る