やった時間に比例するもの

今月から新年度ですね。

先週、ビジネスやトレードについては、労働時間が対価と比例しないという話をしました。
http://tax-complete.jp/foundation/1672/

つまりは、副業開始当初は毎日3時間作業をしても初月の利益はゼロなどはざらです。

さらには、最初10万円ぐらい稼げたが、その後低空飛行が続き、半年間ずっと10万円前後をいったりきたりなどです。

これらにより、副業が嫌になってしまい、辞めてしまうという事も多いと思いますが、

こういった時期においてもやった時間に比例するものがあります。
それは、「結果が出るまでの速度」です。
1日1時間の作業だったら、30万円稼ぐまでに1年かかる人がいたとすると、

その人がその作業時間を1日3時間に伸ばしたら、30万円稼ぐまでに半年とかでいく事もあります。

1日5時間やったら3ヶ月でいくかもしれません。

 

当然、これはその人の知識や、技術、経験がそれまでにどれくらいあったかや、その取り組む分野に対する得意不得意などもあるので、絶対的な基準を示す事は出来ませんが、

確実に言えるのは、同じレベルの人がいれば、結果が出るまでの速度(成長速度)は、作業する時間に比例します。
成長速度なので、定量化出来るものではありませんが、感覚としては分かるかと思います。
そのため、今より大きな結果を出すためには、やる量を増やすしかありません。

1日の中でやる事のできる最大限まで時間をもう使っているのであれば、後はそれをどれだけ続けられるかです。
シンプルですが、結果を出すにはこれ以外ないと思っています。

 

中長期的な目標を目指し、すぐには結果のついてこない日々の作業をどれだけ頑張れるかです。

さらには、限界までやって3ヶ月ぐらい経っても目立った結果が出ないというのは、やり方が間違っている可能性があるので、

そのやり方を修正するというのも、成長のためには必須です。

こう考えると、自分で稼ぐというのは、自分なりの稼ぎ方を見つけるという事で、教科書を覚えれば100点というような世界とは対極にあると思っています。

だからこそ、全てを自分で判断し、行動していく必要があります。

結果を出すために必要な事をどれだけやれるかです。

 

自分で独立して、時間を好きなように使え、月収100万だったり、資産1億を目指すというのは魅力的な世界ですが、その分シビアです。

結果が全てで、言い訳出来ず、誰のせいにも出来ません。

私自身、昔からこういった実力世界のようなシビアな方がより自分を追い込め、成長を感じられるので好きなのですが、

これも合う合わないあると思っています。
今月から新年度が始まり、新たな気持ちになっている人も多いと思いますので、是非資産1億を目指す心構えが自分の中に本当にあるのかというのも見つめ直す事をお勧めします。
あるのであれば、甘え、言い訳を一切捨て、1日どれだけ作業出来るか、これのみに集中すべきです。

関連記事

ページ上部へ戻る