脳の使い道

1日24時間、1年365日というのは全ての人において平等なので、この有限の時間をどう使うかによって、結果に差が出ます。

そして、有限だからこそ、何でもかんでもは出来ません。

ゆえに、自分の理想に近づくように、限られた時間を有効活用すべきです。

ここで、「有効活用」というと、効率性を重視した言葉のような感じですが、稼ぐ事においては当然ほとんどは泥臭い大変な作業の連続です。
さて、ここからが今日の本題なのですが、先日、40代のサラリーマンで奥さんと二人の子供がいて、貯金が6000万あるという男性の記事を読みました。

年収で瞬間風速的に大きく稼ぐというのなら分かるのですが、税金や社会保険料、生活費などを全て控除した後の貯金で6000万ってすごいです。

しかも、家族を抱えてそれなので、収入も大きいし、支出も節約しているという事です。

そして、サラリーマンなので、間接費など会社に搾取されている金額も多い中でのそれなので、どんな仕事をしているのだろうと思ったのですが、仕事の内容はそんなに書かれていませんでした。

そこでの話題は、その男性の悩みだったのですが、その悩みというのが「老後の資金が不安」というものでした。
そんなに稼いで貯金もあるのに、不安な訳です。

ファイナンシャルプランナーに相談しているという形式で記事が書かれていたのですが、

現在の稼ぎと貯蓄ペースで、今後かかるであろう子供の養育費などを考慮しても、資産は増えていくので私から見ても心配ないように思いましたし、その専門家(ファイナンシャルプランナー)も問題ないという結論を出していました。
で、読んでいる途中から感じましが、そんなに能力があるのに、不安である理由は明らかで、

投資という考えが頭に全くないからです。

記事の中でもFPが投資を勧めていたのですが、無知からくるのかかなり投資についてリスクがあるものだと考えており、

運用をするにしても、出来るだけ低リスクでの運用をお願いしたいという感じで記事では進んでいました。
繰り返しになりますが、40代で、奥さんと子供2人いて、貯金6000万は相当ハイレベルです。

それだけの能力があれば、投資を勉強する時間を1日の中で1時間でも作り1年ぐらい続ければその辺のFPの知識など抜いてしまえる能力があると思います。

さらには、自分があまり知らない分野について、他人(この場合はFP)に任せるというのは、個人的には自己のキャパシティを超えておりギャンブルだと思っています。

慎重派な感じだったので、この人自身は大丈夫だと思うのですが、何も勉強せずに、専門家の意見を聞いて、例えば必死に貯めてきた何千万とかを平気で投資する人もいるのだと思います。
個人的には、怖い事をしているなと思うのと同時にもったいないなとも思ってしまいます。

折角、それだけ能力があるのだから、自分で勉強して、自分で運用した方が手数料などもかからないですし、よりよい投資も出来ると思うからです。
証券会社の担当者などはノルマもあるでしょうし、最悪取引してくれれば取引手数料で儲かるので、お客が損をしても実質的な損を被るのはお客だけです。

さらには、6000万の運用を相談されている担当者が6000万なんてもっていない事も多く、客観的に見てかなり滑稽な図式です。

投資は、自分のお金で100%自己責任で行うものだと思っています。

だからこそ、真剣になるし、勉強もします。

そうでなければ、後はギャンブルだと思っています。
そして、この記事を読んでいて、稼ぐだけではどこまでいってもお金の不安は付き物で、

投資によりインカムゲイン狙いの安定運用やキャピタルゲイン狙いの資産構築法を自分で身につけ、実践する事でしか、

お金という不安からは解消されないのだと改めて思いました。
(もちろん、性格などにもよると思いますが)

関連記事

ページ上部へ戻る