結果報告

今年は、私自身物販は今までの延長線上のような事しかやっておらず、

ほとんどの時間をトレード(短期、長期)の勉強、実践に当てています。

教える方も今年はほぼトレード一色です。
海外FXの方も2月から最新の手法をお教えしており、約2ヶ月ぐらい経過しているのですが、

結果報告もいい感じに頂いています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月に入り、順調に利益を重ねていましたが、月半ばで地雷を踏んでしまいました。
基本はルールに則りエントリーしておりましたが、●●分析のところで、
●●以外でも、自分なりに各種ラインを見ながら、「こうなったらエントリー」というケースを考え実行していました。
その一つで大きな損切となり、再度「振り出しに戻る」となってしまいました。
そこで、あくまで講義の内容に従った●●のみに的を絞ることにし、再出発致しました。
月半ばだったため、月間目標を+150,000円としました。
前置きが長くなりましたが、結果は
+287,000円です。
就寝等各種事情で想定利益に達する前に決済したものもありますが、
その分も含め再出発後は全てプラスでの決済となっています。(手数料考慮後)
尚、●●はまだ実践しておりません。
3月中にある程度結果を出してからと思っていた次第です。
4月も引き続きコツコツと取り組んでいきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月7日に軍資金30万円で初リアルトレード以来、無敗で順調に勝ち続け34万円の利益まで行きましたが、永遠に勝ち続けることはなく、コツコツドカンで利益18万円で月末を迎えました
コツコツは●●万円、ドカンは●●万円です。●●のためある程度想定内ではありますが、ドカンの損失をいかに軽減するかが課題です。
負けた時は落ち込んだりはしていませんが、次のエントリーが多少不安になっていたりしますのでやはりメンタルが影響されています。
過去のメルマガ・動画を参照して、メンタルを整えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最近の取引状況について、ちょっとご報告させて頂きます。
●●のタイミングで取り引きできない状況が続き、
やや●●のタイミングでエントリーをしております。
その結果、一度、損切りになり、でもその後、やはり上昇すると思われることから、再度エントリーし、最初の損を取り戻す、あるいは、とんとん、あるいはほんのちょっとだけプラス という感じが続いております。
いったんダマしで損切りになり、メンタル的にはやられるのですが、それと同時に、損切りになると、スカッとした気分で再度エントリーすることができ、そうした安定した精神状態であると、なぜか、うまい具合に上昇して、損を取り戻すような感じになっております。
私の場合、一時、もてる時間のすべてを相場に向き合う時間にあてすぎて、
1~2週間ほど、極度の眼精疲労で、フラフラするまでに至り、
今では、ちょっとスローペースにしておりおます。
ひどいときでは、朝の5時まで、画面を凝視続け、
ほぼ二日分を働き続けたりしてしまいました。
今は、目を労ることを大事にする、これを自分のルールにすべく、
精神的、肉体的に無理のないスタイルを模索しております。
まだまだ素晴らしい結果報告とはいきませんが、
アービトラージのときから、とにかく相場には向かい続けてきましたので、
●●ではなく、●●のときに取り引きできれば、
もっと成績も安定するのではないかと、
今も、非常に高い熱量で、継続しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お休みのところ恐縮ですが、3月分の報告をいたします。
損益+126,359円
●●のみで10勝0敗(●●)
裁量で入った usdjpy 1H で1敗(-6,100円)でした。
仕事が年度末にかけてきつくなっており、相場がほとんど見られない日もあるのですが、
●●によりタイミングを逃さずエントリーできているのが本当にありがたいです!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在までで、月利ベースで100%は超えてきております。
まだ、●●までできていませんが、これからサポート終了まで
がんばっていきますので、宜しくお願いします。
今まで、いろいろな手法を試してきましたが、
これほど、勝てる方法は、ありませんでし た。
ありがとうございます。

 

トレードはまぐれで一時勝てる事もありますが、

重要なのは勝てる事ではなく勝ち続けられる事です。
(当然損切りも含めです)

そこを突き詰めての手法なので、

それが上手く伝わっており私自身も嬉しく思います。

 

ただ、コンサル自体は物販を含めるともう5年ぐらいやってきており、

その経験が生きている気がします。

というのも、コンサルというのは、無形のサービスなので、

価値基準が販売者と購入者で合わないと物凄くお互いがストレスを抱えます。

販売者である私としては、しっかり習得してやってもらえばほぼ確実に稼げると思っている手法な訳です。

これは、物販の時でも現在のトレードでも一緒です。
自分がやってきて、成果が出た事を何で成果が出ているかをその対象分野の原理原則に照らして、

検証し、理論的な言葉で落とし込んでいるからです。
よって、結果が出ない時には何かしらやっている事が教えた事と違っている事が多いのですが、

ここを伝える時に、意思疎通が上手く出来ない人だと中々伝わりません。
さらには、礼儀礼節がなかったりなどする場合には、

最低限の事は教えますが、ストレスを抱える反応をされるのは嫌なので、過度にサービスを超えた価値の提供をしようという気にはなりません。

又、稼がせる事が目的で、心地よい言葉を並べる事が目的ではありません。

よって、時には厳しく指導する事もあります。

それは、その人の考え方を稼げる考え方にするには必須だと思っているから言うのですが、そこで反論されたりするともう教える気も失せます。

というのも、稼げていない人が稼げていない頭で考えている事は稼ぐ上では間違っている事が多く、そこを素直に受け取ってもらえないと、もうこちらもお手上げだからです。

ここが無形のサービスである人対人のコンサルの難しいところだと思っています。

 

そして、これによって一番割を食うのは、素直で礼儀礼節をわきまえ、意識高く受けてくれるコンサル生です。

心理的な負担が過度にかかる受講生が一人いるだけで、その人に対する指導で、私自身の熱を使ってしまうからです。
これを防ぐため、昨年から平日は毎日メルマガを書きこういった私の考え方を発信してきました。

これにより今年受けて下さっているスクール生の方は、私の考え方を最初から理解して受けて下さっている方が多く、

皆素直に教えを聞いてくださり、人によっては、甘えを感じた時には厳しく言う事もありますが、

その時点では腑に落ちていない事もあったと思いますが、ぐっと噛み締め、迎合して付いてきてくれています。
この事により、私自身ストレスを抱える事なく、教える事に集中出来ているので、スクールのクオリティも上がっていると自負しています。

さらには、今年から講義はオール動画にしたので、何回も見直せ、インプット段階で、記憶が曖昧な事による質問というのも減ったので、それによってスクールの質をさらに高める事に繋がっています。
長期投資で現在様々な企業の成長性を分析したりしていますが、

自分自身のスクールについても、成長余地はまだまだあるなと思う次第です。
手法を含めた結局は考え方で、稼ぐ考え方が出来れば、稼げる訳ですが、

考え方が違えば、考えを理解出来ても、自分自身にインストールする事が難しくなります。

よって、手法を通じてどれだけ私の考え方に合う人にその考え方をしっかり伝えられるかが勝負だなと考える次第です。

関連記事

ページ上部へ戻る