久々に炎天下に行きました

普段、仕事をするときはカフェなどを含め室内で、移動も基本的に車で、トレーニングで行くプールやジムも室内です。

よって、基本的に私は室内にいる事が多く日を長時間浴びるという事があまりありません。
そんな中、日曜は清水エスパルスの試合を近くのスタジアムに見に行き、2時間ほど日を浴びてきました。

これまで、好きな選手などはいましたが、どこかのチームのファンというのはなかったのですが、

静岡に住んでいると、たまにテレビ放送されるJリーグの試合というのはエスパルスの試合が多く、

J2にいるときもたまにやる試合を見ており、昨年後半からの快進撃で見事1年でJ1に復帰したのですが、

その快進撃を見ているからか、今年はJ1でどのぐらいやれるのかというのを自然と興味を持ってみていました。
鄭大世というベテランのストライカーはいるのですが、それ以外は一般的にはまだ無名の若い選手が多く、誰かの足が止まると負けるというような常に前線からの徹底した守備を求められ、カウンターで点を取るというのがパターンになっています。
これがJ1でもこれまでのところ通じており、ここまでは3勝1分3敗で18チーム中真ん中の9位です。

J1復帰一年目なので、残留出来ればよいという目標が第一に来るので、今の所は順調という訳です。

 

昨日は、大宮アルディージャというチームと対戦だったのですが、昨年までエスパルスでエースでキャプテンだった大前という選手が移籍したチームです。

昨年J1に復帰した立役者がこの大前選手で、電撃的に大宮に移籍してしまったので、私も残念に思ったのですが

どれぐらいブーイングされるのだろうと興味があり見に行ったというのが半分ぐらいの理由です(笑)

ただ、大宮自体がこれまで1勝も出来ておらず最下位(18位)というのもあったのか、コーナーキックで大前選手が蹴る時に多少ありましたが、思ったよりひどくはありませんでした。
後、昨日観戦に行ったもう一つの理由は、暑くなってくればくるほど観戦も大変だからです。

普段室内生活なので、夏の炎天下にいきなり観戦に行くのはやばいだろうと思ったからです。
なお、生で見ていてもやっぱり全員頑張って走っており好感が持てるチームだと感じました。

ただ、やっぱり上位のチームと比べると、技術力と判断力がない選手が多く、

特にボランチ、右サイドバック、左ハーフとかに、レベルの高い選手がいれば、かなり面白いチームになるのになと思ってみてました。

今年J1に残留すれば、また補強出来るので、今年は何としても残留して欲しいと思います。
と、今日は取り止めのない話ですが、読者の方から息抜きとかはされているのですが、というようなご質問を頂いたので、書いてみました。
ただ、昨日も午前中は7時から仕事をしており、帰ってきてからも2時間ぐらいはしているので、全くしない日というのはもう長い事ないかもしれません。

むしろ仕事とも思ってないぐらい私の中でルーティンとなっています。

関連記事

ページ上部へ戻る