私がここまで投資を勉強してきての感想

世の中、専門書から下世話な雑誌まで投資については、あらゆる情報が溢れています。

又、投資で稼いだという人の中にもFXだったり、株だったり、不動産だったり、その他だったりと様々あります。

国別、商品別に分ければその数は天文学的な数値だと思います。
よって、投資で稼げるといっても、何をどう勉強し、どうやればいいのかと迷うと思います。

そういう時には、消去法で絞り込むのがよいです。
まず、投資信託のような他人に資産の運用を任せるものは切り捨てます。

次に、流動性がなく、金額も高い不動産も切ります。

さらには、自分がよく分からない投資対象物なども全部切ります。
そうすると、FXと株ぐらいしか残らないと思います。

個人的にはこの二つを徹底的に突き詰めるのがよいと思います。
ただ、この二つもテクニカル分析やファンダメンタルズ分析など分析方法にも様々あり、

バリュー投資、グロース投資など投資スタイルも様々です。
さらには、いつどれぐらいの金額を稼ぐ事を目的に、そのためにはどれぐらいのリスクまでとってやる方がいいのかなどを判断していく必要があります。
又、それぞれ用語もたくさんあり、その理解、記憶をしていく事も最初は求められ、その量が結構膨大です。

 

よって、これらの作業をこなして始めてスタートラインに立つぐらいですが、多くの人は雑誌で読んだ浅い知識のみでやります。

しかし、これでも強いトレンドが発生している時は、勝てたり、目利きがしっかりしていれば、長期保有する事で大きな利益を得る事も出来ます。

逆に、中級者ぐらいの方が、簡単な強いトレンドの時の方が難しく感じたり、知識がある分保守的になり大きな利益を取り逃がしたりする事もあります。

ゆえに、投資で大きな資産を築くためには、平時の時に勝て、乱時も見極め損を最小限にしたり、乱時では初心者のような大胆さを持ったりするように切り替えたりと、変化への対応もしっかりする上級者になる必要があります。

 

よって、投資は簡単に出来ますが、稼ぐのはやはり簡単ではないです。
だからこそ、ここまでいく人はサラリーマンでも数億は当たり前で、数十億、数百億の資産を築く人もいるわけです。

これだけ、稼げるのだから、簡単な訳はないのです。

ただ、激しく難しいかというと、慣れない用語も最初はありますが、一つ一つ潰していくと、

理解出来ないような事というのは、あまりない気がします。
つまり、毎日1つ1つ勉強して、成長していけば、元本数十万〜数百万で始め数億、数十億、数百億を投資で達成している人がいるので、そこまでは個人でも現実的な訳で、それを最近実感します。

というのも、最近はそういった人たちのやり方が理解出来るようになり、市場の相場の流れがあるので、短期的には難しいかもしれませんが、こうなったら、こすればよいというのが明確にイメージ出来ているので、来たる時を待つだけだからです。

もちろん、リサーチなどまだまだやるべき事はたくさんありますが、やるべき事が分かっているという事が、上記の実感に繋がっているという訳です。
ゆえに、投資で資産を築くというのは、簡単ではないですが、もの凄く難しい訳でもないというのがここまで私が投資を勉強してきての感想です。

少なくとも、答えが明確にない監査的なジャッジを細かなところでしていく必要がある会計士の仕事内容の方が、私にとってはよっぽど難しく感じました。

関連記事

ページ上部へ戻る