これは注目です

本日より公開されたこちら要注目です。
http://flmk.info/lp/11647/196049

情報発信をやっていると日々、様々なものを紹介して下さいというメールが来ます。

やってみると分かりますが、うざいぐらい来ます。

ほぼ全てスルーなのですが、たまにこれはというものもあります。
どういう点でこれはと思うのかというと、銘柄選定と一緒ですが、まずはブランドです。

ブランド力がある企業というのは、そのブランドで競争優位性が確保されているところがあります。

ブランドというのは、長年培ってきた信用力という事も出来、信用というのは築くのは大変ですが、

失うのは一瞬です。よって、ブランド力がある企業がブランドを毀損させる商品やサービスを提供する可能性は低いという事です。
もう一つの要素としては、上記の理由からブランド力がある企業の商品やサービスのセールス広告というのは保守的になりがちです。

どんな商品やサービスにおいても、価格と価値が顧客によって値踏みされるので、誇大広告を謳って実際の価値がそれより低いと判断されれば、やはりブランド低下に繋がります。

よって、ブランド力のある企業というのは、実質と同程度かもしくは広告すらせず商品やサービスを売り出す事も多いです。

それでも、ブランド力があれば買ってくれ、その方が価値も感じてもらいやすく、さらなるブランド力向上にも繋がるという訳です。

ただ、この保守的な広告だと、特段新鮮味がなく、中身が想像出来面白うそうな企画がないのが現状です。

 

しかし、以下は自宅でコピペだけで時給40万円とかなりキャッチーです。
http://flmk.info/lp/11647/196049

そして、このサービスを展開しているは、情報業界で強固なブランドを形成している小玉歩さんが経営するフロントラインマーケティングジャパン株式会社です。
フロントラインマーケティングが展開する商品は、常に稼ぐという事は簡単ではなく、ある程度の能力と膨大な作業が必要というスタンスで長くサービス提供していました。

私自身もこのスタンスには以前から非常に共感する部分があり、その通りだと思っています。
しかし、そういったかたちでブランディングしているフロントラインマーケティングが、コピペだけで時給40万円という昔の胡散臭い情報業界の中での商品のようなものをリリースしてきました。
これは、興味があります。

上記の通りブランド力のある企業にとって誇大広告はブランド毀損のリスクがあるので、コピペだけで時給40万円という広告が誇大ではなく、「実」がある商品だと考えるからです。
さらには、資産構築型の収入というこいう事で、私が昨年から一貫して掲げているテーマにも合致しているからです。

 

期間限定ですぐに終了してしまうので、
最先端のこのコピペだけの収益モデルがどんなものか是非チェックしてみる事をお勧めします。
http://flmk.info/lp/11647/196049

関連記事

ページ上部へ戻る