不確実性を克服出来る確信度があるか

不確実性

今の世の中、会社に縛られず、独立して自由に生きていきたいと思っている人は多いと思います。

会社員の給与以上を稼ぎ、嫌な上司もいず、自分のタイミングで仕事をして、趣味や家族サービスを優先した生活をしたいなどです。

さらには、ビジネスやトレードは稼ぎに上限はないため、自分が努力して一生分の資産を定年前に作れる可能性だって十二分にあります。
にも関わらず、多くの人は憧れを持ちながらも、会社に残る人がほとんどで、独立する人は少数です。

 

これは、私自身も会社員時代があり、そこから独立しているので原因はよく分かります。

あれこれ要素は出せばいっぱいありますが、端的に言えば自分1人で稼いでいけるのかどうかという自信があるかないかに尽きると思います。

やった事がない事は不確実性があり、自分がやれるかという確信を持てず、一度独立したら簡単に元の会社の元のポジションには戻れないからです。
これを解決するには一つしかなく、自分が努力してその確信度をあげるという事のみです。

私自身その当時の給与以上を稼げるようになったら独立しようと決めていました。

稼ぎがない時から独立したいという希望は常にありましたが、実力がないので独立してやっていける確信度が低いのでその決断はやはり出来ませんでした。

しかし、実際に給与以上稼げるようになると、独立したらもっと稼げるようになるという確信が自分の中に自然と湧いて来ました。

よって、会社を辞めて独立しました。

もちろん、確信がある事でも100%そうなるとは限らず、勇気は常に必要かもしれませんが、確信出来てから行動に移すまでは早かったように思います。

ゆえに、思いだけでは不確実性を克服出来ないので、その不確実性を克服するぐらいの確信を持てるよう努力する事のみだと考えます。
これが、地味で面倒な作業の連続なのですが、その道しか成功への道はないと考える次第です。

関連記事

ページ上部へ戻る