毎日新しい事に挑戦する

経営学では有名な理論ですが、

製品ライフサイクル理論という理論があります。

製品ライフサイクル理論(Product Life Cycle)とは、製品が、導入期、成長期、成熟期、衰退期の4つの段階を経るという理論です。

それぞれの時期の説明、及び戦略例は以下の通りです。

導入期 :
製品の認知度が低く、需要量も低いため利益は出ないが、市場開拓のため、製品の認知を上げることが課題となる。特に製品コンセプト、基本的機能、使い方などをコミュニケーションし、ターゲットがその製品を使用するイメージを持てるようにすることが必要である。

成長期 :
需要が喚起され、売上高、利益共に急上昇するが、市場参入業者も増える。
そのため、市場におけるシェアの拡大・確立が課題となるため、ブランドイメージを浸透させるためのコミュニケーションが必要。また、新機能やライン拡大が頻繁に行われるため、ターゲットへ告知するとともに、具体的な利便性をコミュニケーションする時期である。

成熟期 :
マーケットシェア、競争相手がある程度安定し、売上高が逓減を見せ始める。製品間で機能の差がほとんど見られなくなる中でのパイの奪い合いとなるため、市場におけるポジショニングやシェアの防衛が課題となる。企業またはブランドに対する選好イメージを強化し、ブランド・ロイヤリティを高めるためのコミュニケーションが必要。

衰退期 :
売上高、利益、競争相手ともに衰退が表れる。経営的には撤退のタイミングの検討を行うことが必要となる。シェア獲得を目指した説得的なコミュニケーションではなく、保守的顧客に対するメンテナンスや社会的責任を果たすための最小限のコミュニケーションとなる。
この理論は知っている人も多いと思いますが、私自身大学の時に初めて学び、当時は完全にテストのためだけの理解でしたが、今は何をやるにしも重視しているものとなります。

要は、どんなビジネスをやるにしても、それだけで将来に渡って安泰という事はなく、モノ、サービスにしても流行っては、衰退し、流行っては、衰退しという連続です。

商品の寿命を考えるととより分かりやすいですが、

転売などをやっている人で、いい商品が見つかって、利幅も大きく、仕入先との関係も良好な商品を発掘出来たとします。

しかし、いきなりそれが見つかるというよりは、リサーチや交渉を重ねるという導入期の段階が必ずあります。

特に、今までのやり方では限界を感じれば、新たな手法に取り組むなどして試行錯誤した結果発掘出来た商品かもしれません。

そういった商品は、見つかって、仕入れた当初は面白いように売れます。

そして、当該仕入先企業からの仕入が増加する事により、割引などが適用してもらえたりして、増々儲かります。
しかし、その状態も長くは続かず、競合他社が参入してきたり、仕入先企業が自分より大きな会社と独占契約を結ぶなどによりそれまでの仕入値で仕入れる事が出来なかったり、自分だけのリサーチ法だと思っていたものが、世間一般に知れ渡り、優位性がなくなったりなどです。

上記の製品ライフサイクル仮説に基づくと、こういった事をとても自然で、自分だけの優位性が常に続く訳ではなく、モノもサービスも必ず衰退期(儲からなくなる時期)がきます。

この時に、成長期、成熟期のような栄光にしがみ付き、その状態に戻ろうと固執し、拘るとその状態から抜け出せなくなります。

ここで、大事なのは、衰退期に入ったものは、最小限の労力で作業をして、次の成長期に繋がる商品の発掘やリリースに力を注ぐべきという事です。
つまりは、稼ぐためには、常にライフサイクルを意識して、新たな商品、サービスの導入に力を入れていく必要があります。

転売で言うと、リピート販売というのは楽ですが、そこではなく、常に新規商品のリサーチ、交渉などを新たな儲かる商品発掘のための行為をし続けなければならないという事です。
リピートで稼げるようになると楽ですが、そこに胡座をかいてしまうと、後はその商品と共に衰退あるのみです。

これは、何も転売の商品だけでなく、利益を追求する行為においては、全て同じです。
ゆえに、毎日導入期の作業を実施出来ているかというのが、将来の利益の源泉なので、是非そこを意識して作業をしてみる事をお勧めします。

関連記事

ページ上部へ戻る