土日の使い方

weekend

トレードをするようになってから、振り返りというのが如何に重要かという事に気付かされます。

というのも、何かに記入したりして、振り返る作業をしないと、人はすぐに忘れます。

目先の事で一喜一憂しやすくなります。

しかし、トレードというのは、損小利大という言葉に代表されるように、常に損はあり、損が出たからそのトレードがダメだったかというと決してそうでなく、一定のまとまった期間などで利回りなど結果を判断する必要があるからです。
目先の事で一喜一憂していたら、永久に手法を変えるなど、成長性のない事を繰り返して、市場のカモにされます。

損が先行している時でも、自分のトレードスタイルを信じ抜けるほど、自己のトレードスタイルというものを強固にして、自信を持つ必要があります。
平日は相場が動いているので、振り返りは大体土日にするのですが、トレードの振り返りに合わせて、ビジネスだったり、資産構築だったり、日々の勉強方法、スタイルだったりとあらゆる事を週次で振り返る癖がつきました。

これをやる事により、今自分が何が出来ていなくて、成長が鈍化しているのかというのが明確になります。

そして、そのためには何をやるべきかという課題も明確になります。
これらを翌週の月曜日からタスクに組み込み、作業をする事により、より濃密な時間を過ごす事が可能になります。
独立すると、曜日感覚が薄れてきますが、トレードをする事により再び曜日感覚が自分の中に戻り、

やはり、1週間というひとまとまりを大事にして物事を考えたり、進めたりする事の重要性がわかります。
1日単位だと短すぎるし、1ヶ月だとちょっと長いので、1週間というのはちょうどよく、5日猛烈に作業して、2日検証するといった感じです。

こういったメリハリを付ける事で、ブレずに作業する事が出来ます。

又、うまくいっている事はより自信が持てます(トレードスタイルを含め)。

 

よって、何となく頑張るのではなく、メリハリを付けて頑張った方が成長速度は早く、充実して日々を過ごせると考える次第です。

関連記事

ページ上部へ戻る