稼げるトレーダーと稼ぎ続けられるトレーダーの違い

トレードを始める前に覚えておかなければいけない重要な事象があります。

それは、「勝てる法則」=「勝ち続けられる法則」ではないという事です。

トレードを始める動機は「稼ぎたい(勝ちたい)」というところからだと思いますが、

実はトレードで稼ぐのはそんなに難しくはありません。
というのも、世の中にはトレードの教材や書籍などは山ほど出回っており、●●の手法で稼ぎましたというような、

フレーズは至るところで目にすると思います。

そして、それらが全てウソかというと、よほど詐欺的なものでない限り恐らく全て本当です。

つまりは、稼ぐ事自体そんなに難しい事ではないという事です。
しかし、それらの手法を実践した人たちが稼げなかったり、

世の中にたくさん勝てる手法が出回っているにも関わらず、

実際にトレードで億万長者になったという人や、

トレードで毎日優雅な生活を送っているという人が身の回りにほとんどいないのは、

皆、「勝てる法則」=「勝ち続けられる法則」だと思っているからです。
教材や書籍、塾をやっている人ですら、誤認している場合だってあるわけで、

「勝てる法則」であって「勝ち続けられる法則」でない場合は

既にその手法では稼げなくなっている事だってあります。

 

例えば、FXの世界では有名な話ですが、10万円の資金から始めて2ヶ月で

6億円稼いだトレーダーがいます(確定利益ベースで4.5億円)。

10万を2ヶ月で6億まで増やせるのが、高レバレッジが利く、FXならではです。

が、その後どうなったかというと、その資金を30万円まで減らしてしまいます。
一方、BNFさんに代表されるように、数十万~数百万円の元手から始めて

億以上稼ぎ、その後数十億、数百億と資産を増やしていくトレーダーもいます。

「億超え」という意味では両者は一緒ですが、片やそれをほぼなくし、片やさらにその資金を増やし続ける。

この違いが分からなければ、トレードで勝ち続け資産を築く事は出来ません。
*ここに、トレードで勝ち続けるための本質があります。
*大きく勝っても、その後それを失っては意味ないからです。
10万円の資金から始めて2ヶ月で6億円稼いだトレーダーがなぜその後資金をなくしてしまったかというと、

それは偏に「一つの手法を妄信し過ぎたから」です。
例えば、MACDのゴールデンクロスで買い、デッドクロスで売りというようなメジャーな売買手法があります。

しかし、MACDというのは、トレンドが発生している時には有効に機能しますが、

トレンドが発生していない横ばい相場のときなどは、うまく機能しません。

よって、トレンドが発生しているときに勝てた手法であっても、相場が変わりトレンドが発生しなくなれば負ける手法へと変わります。

相場の不変の事実として、常に相場は変わっていくというものがあります。

よって、この相場の変化に対応出来なければ、トレードで勝ち続ける事は不可能なのです。

 

例えば、BNFさんは移動平均乖離の逆張り(買い)という手法で稼いだという事で有名ですが、

これは、BNFさんがトレードを始めた2000年代前半の話で、この頃は日本全体が下降相場だったのでこの手法がとても機能しました。

しかし、その後2000年代中盤は小泉バブルで上昇相場が来ます。

このときにも下降相場のときのような戦い方をしていたら負けます。

そのとき、BNFさんはトレンドに乗った単純な手法を用いている事をインタビューなどで言及しています。

つまりは、相場に合わせて自分の手法を変化させているという事です。
ゆえに、勝ち続けるトレーダーというのは、相場が変わってもそれに適切にアジャストするトレーダーです。

よって、勝ち続ける法則というのも相場が変わっても、それに適切にアジャストしてくれるような手法でなければなりません。

ある相場の流れだけで勝てるというのでは、一時稼げても、それだけではいつかは資金はなくなります。
相場は自分の都合では動いてくれず、だからこそ、

相場に自分が合わせていかなければ勝ち続ける事は出来ないという事です。
私が、昨年後半ぐらいから月利10%ではなく、月利466%と飛躍的に収益が伸びたのも、この違いが真に理解出来、それを手法に落とし込めたからです。

そして今回のスリーステップトレードネオも単に「勝てる法則」ではなく、「勝ち続けられる法則」です。

自分の中の「勝てる法則」の中から「勝ち続けられる法則」を抽出し、

その最も優れたものが「スリーステップトレードネオ」という訳です。

 

では、本日は以上です。
スリーステップトレードネオスクールの募集は来週水曜(6/28)からさせて頂きますので興味のある方はお楽しみに!

 

*スクールの募集はメルマガ限定となりますので、興味のある方は以下よりメルマガ登録をお願い致します。

<メールマガジン登録フォーム>

http://pajamas-ex.jp/fx/1

関連記事

ページ上部へ戻る