娯楽はお金をかけるべきか?

私は、現在様々なビジネスをしていますが、それらは全て会社に帰属するものであるので、私個人への報酬としては基本的にはその会社からの給与のみとなります。

そして、この給与のほぼ全額を投資資金に回すので、最低限の生活費で今年から生活しており、旅行などもほぼ行っていませんし、飲みなどもグループコンサルで集まったりする時ぐらいでほぼ行きません。

さらには、親がもう引っ越して使っていない実家に住んでおり、家賃はかからず、生活に必要なものは食材を含めふるさと納税で賄い、服とかも興味がないので、最低限の清潔さは意識するものの基本的に買いません。

で、私の中の娯楽と言えば、TVを見たり、トレーニングもかねて1回300円でプールに行ったり、ipadで無料のゲームをやったりとほぼお金がかからない事ばかりです。

サラリーマン時代を含めこなんにお金を使わない生活というのは初めてで、一見つまらなそうと感じるかもしれませんが、私自身は実はこの生活に非常に満足しており、楽しく感じています。

ゆえに、お金を使わなければ楽しくないというのは全くの妄想だなと思い。

お金がなければ、ないなりに工夫して、楽しく生活出来るなと感じています。

極端な事を言うと、生活保護を受けるような所得水準であっても、自分の考え方やアイデア次第で、いかように楽しめるなと考えています。

お金をかけてする娯楽が楽しいというのも当然知っていますが、それだけに縛られると、お金至上主義になり、資産形成もままならなくなるので、お金をかけないでどこまで楽しく生活出来るのかというのを一度試してみる事はお勧めです。

意外とお金がかからずに、自分は人生楽しめるという事が分かれば、心理的なストレスはかなり軽減され、自由度がぐっと増します。

お金で買えないのが失った健康とかだったりするので、最低限の住居や、食事、運動などそういった健康を維持する事や予防には少しお金をかけてもよいと思いますが、それ以外は基本的にはかけなくても困る事はないので、お金をかける事ありきではなく、お金をかけない事ありきという思考の転換が、資産形成や精神的なストレス解放においては重要だと考える次第です。

関連記事

ページ上部へ戻る