仮想通貨はスイング

一昨日、バブル崩壊というリスクを警戒しながら仮想通貨の投資をしていくという事を話させて頂きました。

ただ、これは皆やった方がよいという訳ではなく、一昨日のメールでも書きましたが、投資に対して無知であれば、バブル崩壊に巻き込まれる可能性があるので、静観という選択も正しいです。
*個人的には、色々調べてほぼ100%に近く1回大暴落が来る事を確信していますので。

結局は投資は自己責任ですが、このバブル真っ只中の仮想通貨市場であまり経験出来ないバブル中のトレードという経験を積みたいという事と、当然利殖目的です。

 

で、どの暗号通貨にどのくらいの資金を投じていくのかというのも重要ですが、投資においては期間をどうするのかといのがまず重要だと考えています。

例えば、FXで10年放置しても、80万円がせいぜい120万円になる程度です。

逆に、株であれば10年放置して80万円が800万円になる事もあります。

細かな理論はここでは説明しませんが、それぞれ投資において適切な期間とリターンの目安というものがあります。

 

そして、この仮想通貨については、個人的にはスイングというスタンスで行こうと思います。

早ければ1週間、長くても3ヶ月ぐらいでは決済という感覚です。

というのも、現時点ではFX市場のように流動性がものすごいある訳ではなく、スプレッドも高いので多頻度で売買するというのには今のところ向かないと考えています。

又、株のように長期に持って10倍を狙うというのも、仮想通貨においては微妙です。

というのも、株のように背後に企業の経済活動という実態があり、3ヶ月に1度四半期報告書というかたちでその進捗など、会社の現状が理解出来るものと違い、いつどうなるか分からない、もしくはそもそもの実態もよく分からないという通貨が多いからです。

とすると、必然と期間はスイングベースで考えるというところに落ち着きました。

そして、仮想通貨市場全体のファンダなどは多少見ますが、何をどこで買ってどこで売るなどはほぼテクニカル分析でいこうと思います。

 

完全に株とFXの中間の位置づけです。

後は、ICOですね。

これについては、また後日お話します。

関連記事

ページ上部へ戻る