金持ちに投資家が多い理由

こんばんは、福島です。

以下は、2017年の世界の長者番付です。
https://memorva.jp/ranking/forbes/forbes_world_billionaires_2017.php

プロフィールで純粋な投資家と書かれているのは、ジョージソロス氏など数人ですが、

ウォーレンバフェット氏に代表されるように、企業を経営していてもその実態は、有望な企業への投資をしている投資家という側面を必ず持っています。

お金持ちで、お金を日本の銀行預金だけに預けているという人は皆無で、皆一様に自分の資産を様々なかたちで運用しています。

で、このフォーブスに乗るような兆を超えるような資産家でなくても、お金持ちになりたければ投資家を目指す事がマストであると考えます。

 

というのも、投資においての最大のメリットは、お金がお金を稼いでくれる事により、自分の自由な時間をより長く確保出来るようになるという事です。

 

例えば1億円を年利5%で運用すると年間500万円、税引後でも400万円ぐらい入ります。

年間400万円あれば暮らせるという人は、食事や睡眠以外全て好きな事が出来るので、それでよりお金を稼いだり、資産を増やすための勉強が出来ます。

ここが一番大きいと思っており、この自由な時間が出来るからこそ、より資産増大の基盤を作る事が可能という事です。

 

普通の人は、1日8時間ぐらい働いて、疲れた身体、頭を使って、お金を稼いだり資産を構築するための勉強、実践をする訳ですが、投資家は朝起きた瞬間から、フルパワーでその事だけに注力出来るという訳です。

かける時間もそうですが、その作業の質を含め、自由な時間がある人ほどやはりお金持ちになるには有利です。

 

当然、一足飛びにいける訳ではないので1歩ずつですが、少しでも自由な時間が増えるような勉強、働き方を意識していく事がお金持ちになる条件だと考える次第です。

 

関連記事

ページ上部へ戻る