短期で稼ぎ長期を勉強する

昨日、米の金融引き締めが進行し、大暴落が発生すれば、仕込みのチャンスというような話をさせて頂きました。

ただ、これはあくまで長期目線で、年単位の話です。

資産を爆増させるためには、この長期投資で成功する事が不可欠ですが、

その爆増させるタイミングを見極められても、種銭がなければ、何もする事は出来ません。

 

ゆえに、短期的な稼ぎを増やす努力を日常では当然すべきです。

株でもFXでも短期投資においては、米国の金融引き締めがどうかとかそんなに関係ありません。

チャート分析オンリーです。

もちろん、1日の相場の動きに影響しそうな、ニュースや指標発表などのファンダメンタルズも多少見ますが、ほぼテクニカル分析です。
(特にFXはそうです)

短期投資では、相場が上がろうが、下がろうが関係ありません。

「大きな波の順張り方向での、小さな波での逆張り」これを淡々と繰り返すだけです。

 

そして、その間に長期投資を勉強して、仕込むべきタイミング、仕込むべき銘柄の選定を行うのが個人的には投資との付き合い方では鉄板だと考えています。

 

投資においては、期間が違えば、何に投資するか、どれくらいの金額を投資するのかなど戦略が全く変わってきます。

これらが、しっかり理解/体得出来ていないと、どちらにおいても戦略がブレてしまい、いい結果は出せません。

 

さらには、絶好のタイミングになったら、急いで勉強して始めるのではなく、その前から勉強等始めていないと、やはりうまくは波に乗ってはいけないと考えます。

これは、何事もそうで、短期的な思考/行動の結果がでるのは長期なので、今のうちから投資はがんがん勉強して、実践して来たる将来のために、種銭を貯めるのもそうですが、しっかり投資出来るような思考を形成すべきだと考える次第です。

関連記事

ページ上部へ戻る