個人で金持ちになるためにはニッチをどれだけ攻略出来るか

「お金を稼ぐ」という事を考えると、通常資本力やマンパワー、設備、情報網のある大きな会社の方が有利です。

そして、大きかろうと小さかろうと、経済は非常なので勝ったものが成果を得ます。

ゆえに、我々個人が成果を出そうと思うとまずその戦略が何よりも重要になります。

つまりは、個人で金持ちになるためにはニッチをどれだけ攻略出来るかが勝負になります。

というのも、大企業であればたくさん利益が出ているところに上記のような力を持って入り込めば勝てるので、細かな戦略は必要ないですが、個人の場合にはそういったレッドオーシャンに飛び込むとどれだけ頑張っても成果が出ないか、もしくは思ったほど成果が伸びなかったりします。

私が何かに参入する時には必ずここを意識します。

例えば、株式投資1つをとっても、上場市場には東証1部、2部、マザーズ、ジャスダックなどがあります。

この内、東証1部で戦おうとすると分が悪くなります。

というのも、東証1部は時価総額が大きい会社の集まりなので、図体の大きい機関投資家や百戦錬磨の外国人投資家など多くの強者が参加してきます。

そこで、戦うのではなく、私の主戦場はマザーズ、ジャスダックです。

これらはそもそも規模が小さいので、大きなマネーは入りません。

さらに、これらの市場に上場している会社は一般に上場歴が短いので、多くの財務情報が出ている訳ではなく、様々な媒体から情報を集めそれを総合的に判断する必要があり、こういった作業は日本語が母国語でない外国人には難しくなります

つまりは、個人トレーダー同士の戦いとなるので、相手が弱くなるからです。

さらには、攻略するにあたっては必ず自分の実力で攻略する事を心がけます。

例えば、人から何かを聞いてそれで勝てるとか、何とかのツールを使えばそれが勝手に稼いでくれるとか世の中にはうまそうな話がたくさんありますが、

そのほとんどが稼げないか、

本当に稼げるものであればライバルが五万と参入し、一気に稼げなくなります。

これだと、長期永続的に稼ぎ続ける事は難しく、初心者の人は一回はこういった事にひっかかったりしますが、

必ず自分の知恵と努力で稼ぎ方を創出する必要があるという事をしっかり念頭において、真面目に泥臭く取り組む事をお勧めします。

関連記事

ページ上部へ戻る