目に見える華やかさに影響されてはダメ

資産構築という事を考えると、上昇志向が強すぎる事が仇になる事がかなりあると考えています。

例えば、高級車に乗って、高級時計を身につけて、高級マンションに住みというのは、言葉にすると下世話な感じがしますが、内心出来るのであれば誰もが一度はしてみたいと思う事だと思います。

そして、実際そういった事をしている人を見ると、自分も早くそういった人のようになりたいと考えがちです。

しかし、資産構築における最大の武器は複利です。

年利10%でも10年で2.6倍、20年で7倍、30年で17倍、40年で45倍、50年で117倍です。

 

期間を経れば経るほど、効力を発揮するのが複利で、着実に遂行していけば億越えの資産を築くというのはそんなに難しくなく、それ以上も可能だと思います。

 

しかし、そうならないのはどこかで身の丈に合わない投資をしてしまう事が原因だと考えています。

 

その要因は、上を見すぎる事にあると思っています。

 

例えば、1000万円程度貯まったら、ある程度の高級時計や高級車なら何でも買う事が出来るでしょうし、賃貸で高級マンションに住む事だって可能だと思います。

しかし、それは元本に手をつけて達成されるという条件付きです。

この1000万円に手をつけずその後も年利10%で運用し続ければ、20年後には7000万円になっています。

しかし、900万円で高級車を買ってしまい投資元本が100万円になってしまえば、その後20年経っても700万円にしかなりません。

 

この例は単純な例ですが、元本を使わず年利10%を達成し続ける事を阻害する要因はたくさんあり、その根元には急速にお金を増やしたいという欲求から来る事が多いと考えています。

例えば、世界1の投資家のウォーレンバフェット氏は生まれのオマハ(田舎)にずっと住んでいますし、
世界で最も成功している投資家の一人であるセス・クラーマン氏もボストンに地味な事務所を構えているだけです。

 

つまりは、本気で資産を構築するためには、見た目の華やかさに惑わされてはダメで、他者に影響されず亀のように常に自分の現在の位置を適切に把握し、達成可能な目標をコツコツ達成し続ける事が大事であると考えます。

 

関連記事

ページ上部へ戻る