ビットコインにいくらぐらい投資をすればよいのか

ビットコインが、昨日は130万円を突破しましたね。

今仮想通貨を使った稼ぎの手法というのが手を変え品を変えたくさん出てきています。

又、大きな機関投資家などが仮想通貨を投資対象として検討すると言及し始めています。

そのため、仮想通貨の中の基軸通貨であるビットコインが爆上げしています。

よって、投資未経験でもビットコインを買っていれば、数十パーセントの儲けは当たり前で、

数倍、数十倍になったなんて人もいると思います。

そういう人たちは、ウハウハな気持ちの人が多いと思います。

逆に、ビットコインを1円も買っていなかったり、買っていても少額な人は、何で買っていなかったのか

もっと上がってしまう前に早めに買おうかという焦りや後悔などを抱いている人もいると思います。

が、これらは全てバブルの中で起こる異常状態なので、今(というか常に)一番やってはいけない事は過度にリスクをとった投資をするという事です。

世界一の投資家ウォーレンバフェットの投資成績は年利20%です。

例えば1ビット保有していれば、今1日に10万円儲かる事もあり、
*決済していなければ含み益の状態なので、厳密には儲かっているとは言えませんが。

この取得単価が100万円だとすると、1日に10%儲かっている事になります。

これは、世界一の投資家の運用成績を2日で達成する計算になります。

ただ、これはその人の全財産に占める、100万円という割合がどの程度かによって投資判断は異なります

バフェットの20%というのは、あくまで全財産に比してです。

よって、100万円が全財産の人が100万円全部ビットコインを買ってしまうというのは投資においては絶対にNGです。

一方、1億円が全財産の人が100万円分のビットコインを買うとすると、10万円の儲けというのは全財産の0.1%の儲けなので、年利20%というのが世界最高水準だとすると、こういった投資はありです。

もちろん、日利で投資を検討する事はあまりないですが、年利で20%を超えるようなハイリスクな投資対象には資金を減らして投資をするというのがセオリーです。

よって、ビットコイン投資を含め仮想通貨への投資を検討している人も多いと思いますが、年利20%以上のリターンを見込んでるものであれば、投資資金は全財産の1/10や1/20までにしておく事をオススメします。

なお、この年利20%などはあくまで中長期投資で、何もせずにお金を運用する事での利回り基準となります。

ゆえに、例えばFXや株の短期投資で月利10%とかは全然あり得ます。

やっている人は分かると思いますが、同じ投資といっても、短期投資(スキャルピングを含む)は、画面に張り付いての短時間での売買を繰り返す行為で、何かに投じて待つだけといった中長期投資とは違い、ビジネスと同じ労働だからです。

この辺の概念を混同してしまうと、思わぬ損失を被る可能性もあるのでご注意下さい。

今のビットコインのように、100万円投資して何もせずに1日10万円儲かるというのは明らかに異常です。
*楽して簡単に儲かるものは必ず短期で淘汰されていきます。

ただ、異常といったところで、現実に起きているのは事実なので、何も投資をしないというのももったいないと感じる人もいると思いますので、そういう人は上記のような投資配分を考えて投資をする事をお勧めします。

私は短期投資FX、中長期は株で、将来的には不動産なども検討していくと思いますが、投資のメイン対象はこの歴史のある王道の3つでよいと思っています。

ゆえに、時代と共にこういった仮想通貨のようなハイリスクハイリターンな投資は次々に出てくると思いますが、資金の1/10がマックスだと考えています。
*もちろん、その中でも自分がリスクを認識出来、将来を読めるものがあれば上記王道3つに加わる可能性はありますが。

関連記事

ページ上部へ戻る