お金持ちになるための法則

資産を1から作ると考えたときに必ず使う必要があるものがあります。

それは、「レバレッジ」です。

資産を築いている人でこのレバレッジを使っていない人は皆無です。

 

レバレッジというのは、主に「人」と「お金」によるレバレッジです。

例えば、歌がうまい人が、カラオケで一人で歌っていても1円にもなりませんが、

1000円の入場料を取ってコンサートして、10000人集まったら1千万円になります。

20000人集まったら2千万円です。

歌を歌うという行為に変わりはないですが、そこに参加してくれる多数の人の力すなわちレバレッジを使う事によりお金という意味での差は歴然です。

 

又、月利10%を稼ぐ力があったとしても、1万円しかお金を持っていなければ1000円しか稼ぐ事が出来ませんが、

銀行から1億円借りられたとすれば、1千万円稼ぐ事が可能になります。

つまりは、お金によるレバレッジです。

 

お金持ちになるには、必ずこの人によるレバレッジかお金によるレバッレジのどちらかを必ず使う必要があります。

反対に、サラリーマンの働き方だと、このどちらのレバレッジも利いていないので、お金持ちにはなれないわけです。

 

そして、このレバレッジを使ってお金持ちになるには大前提があります。

それは、10000人の人が1000円を払ってくれるような歌唱力や容姿を持っていたり、月利10%を稼ぎ出せるような技術などの実力があるかどうかです。

レバレッジは自分自身が持っている「1」、「2」といった実力に100、1000という数値が乗ぜられる事により稼ぎが爆発します。

このそもそもの実力が、「0」であったりマイナスの場合には、効果がないか却って逆効果になります。

 

「実力を付けてレバレッジを利かす」これがお金持ちになるための法則です。

 

その点、投資においては信用取引(レバレッジ取引)でお金によるレバレッジを使え、かつ自分が入った後にさらに高値で購入してくれる人がいるなど、人によるレバレッジも実は利いています。

ゆえに、株長者などが日本のサラリーマンでもたくさん出ており、「億り人」などと言われたりしていますが、それは投資の分野がレバレッジの利きやすい分野だからです。

反対に、投資で損をしたという人が多いのも、このレバレッジが利きやすい分野だからという理由で説明がつきます。

 

よって、こういった理由により投資における実力を付ける事が、資産構築における最短最速の道であると考えています。

私自身、この事に気づき2年前から投資を猛烈に勉強して、やってきたという訳です。

 

今度の個別コンサルですが、そんな、私の全知識を使って、FX、株を教えさせて頂くので参加される方は楽しみにお待ちください。

また、このコンサル以降はしばらく私のサービスはありませんので、興味のある方は是非この機会にご参加下さい。

なお、募集は28(木)までとさせて頂きます。

 

*コンサルの募集はメルマガ限定でさせて頂いていますので、興味のある方は以下よりメルマガに登録下さい。

<メールマガジン登録フォーム>
http://pajamas-ex.jp/fx/1

関連記事

ページ上部へ戻る