メンタルが強くないとお金持ちにはなれない

今日はお金持ちを目指すために私が必要だと思っている根本的な事を書きます。

それば、「メンタルが強くないとお金持ちにはなれない」という事です。

 

世間一般のお金持ちのイメージは、メディアの情報も手伝って、傲慢であったり、お金儲けのためであれば己を突き通し非情な人間ととして捉えられていたりする側面があります。

しかし、ビジネスでも投資でも実際に自分が当該分野に取り組み、その分野で実際に稼いでいる人と接すると、上記のような人たちもいますが、逆に誠実な人や真面目な人の方が多い事が分かると思います。

ゆえに、自分も誠実で真面目にやっていこうと志す人も多く、それはそれでよい事です。

けれど、いくら誠実で真面目にやっていても、傲慢であったり、お金儲けのためであれば己を突き通し非情な人間ととして捉えられる事があるという事を忘れてはならないと思っています。

メンタルが弱いと恐らくここで苦しみ、収益の伸びが鈍化します。

 

どういう事かというと、

何かのモノやサービスを販売する場合、10人に売っている時には何もクレームがなくても、100人に売ればクレームが1人ぐらいは来たりするものです。

それが、1000人に売れば10人、10000人売れば100人自分に対するアンチが生まれます。

比率としては小さいですが、絶対数は確実に増えます。

これは、好きな芸能人でランクインしている人が嫌いな芸能人にもランクインしているような現象と一緒です。

ゆえに、自分がいく真面目に誠実にやっていこうとしても、その規模が拡大すればするほど必ずアンチは生まれ、その人たちからのクレームなどに対応していかなければならず、時には傲慢に思われたり、非情な人間として捉えられる事もあるという事です。

そのため、世間一般のお金持ちのイメージもあながち間違ってはいないという事です。

お金を得るという事は、自分を支持する人だけでなく、こういったアンチの人たちのパワーも全て受け止めるという事です。

額が多くなればなるほどそのパワーも大きくなります。

 

この覚悟を持たないとお金持ちにはなれないと考えています。

 

又、投資などの場合は、直接的なお客さんはいないにしても、稼ぐ額が増えるという事は動かすお金が増えるという事なのでそれだけリスクも増大し、メンタルはやはり疲弊しやすくなります。

 

そして、このメンタルを支えるのは「志」だと考えます。

絶対金持ちになってやる。とか、絶対資産を築いてやる。自由に暮らしてやるなどです。

この志から派生する向上心を失い現状の知識と技術、経験に満足した瞬間成長は止まります。

成長が止まるどころか、後退する可能性もあります。

 

ゆえに、お金持ちになろうと思ったら、正のパワーだけでなく、負のパワーも自分に来るのだと予め覚悟をして志を持ってがんがん進んでいく事をお勧めします。
*逆にこれを感じないというのはまだアクセルの踏みが甘いという事なので、もう少し加速させてもよいと思います

関連記事

ページ上部へ戻る