会社設立日は1日じゃない方がお得!?

福島です(^^)

今日は、会社設立にあたって
必要書類の記入などを
午前中は行っておりました。

その中で、会社設立希望日を
記入する箇所があったのですが、
いつかを自分で決めてよいと
言われるとちょっと悩んでしまいましたね。

1日が区切りがいいし、1日にしようかと
思いつつも、縁起を担ぐために
大安の方がいいのではないかなどと
いろいろ考えていました。

ちなみに、
名だたる経営者の会社設立日は以下の通りです。

井深大(ソニー創業者):1946年5月7日(先勝)

本田宗一郎(本田技研工業株式会社創業者):1948年9月24日(赤口)

豊田佐吉(トヨタ自動車の基礎を築く):1937年8月28日(大安)

ジャニー喜多川(ジャニーズ事務所社長):1975年1月30日(赤口)

孫正義(ソフトバンクグループの創業者):1981年9月3日(先勝)

笠原健治(ミクシィの社長):2000年(平成12年)10月25日(赤口)

やはり、仏滅や友引などの日に
会社設立をした人はおらず、意識的かどうかは
分かりませんが、皆さん縁起のいい日に
設立をした人が多いようですね!

あと、これも意識的かどうかは不明ですが、
1日に会社設立をしたという人はいませんよね!?

会計士の立場から言わせてもらうと
1日というのは税制上わずかに損をします。

どういう事かというと、
会社を設立すると黒字、赤字に
限らず、住民税の均等割という税金が
7万円ぐらい必ずかかります。

これは、月数に応じて計算され端数は切り捨て
です。

例えば、4/1~3/31を会計期間と定めた場合、
4/1を設立日にすると、
第1期の会計期間は12ヶ月になり、
住民税の均等割として7万円を支払います。

一方、設立日を1日ずらして
4/2にした場合には
第1期は11ヶ月と29日となり、
29日の端数は切り捨て、11ヶ月になります。

そうすると、
住民税の均等割として支払う金額は
7万円×11/12≒64,000 となり、
6,000円安くなります。

こういうように考えると、
特に拘りの日があるという
場合は除き、縁起のいい日に
1日を避けた日取りで会社設立を
するのが一番よいかなと考えています!

最近、会社を設立しようと
思いますという相談やご質問を
いただく事があるのですが、
会社設立日を決めるにあたっては
是非参考にしてみて下さい!!

最初の会社設立というのは、
やはり思いが入りますからね!!

(疑問点等があれば個別にメールを
いただければお答えさせていただきます(^^))
このメールに返信していただければ
拝見できますので!

●Facebook始めました!!●

100万円を投資したコンテンツが
どのように変貌していくか楽しんで下さい!

http://www.facebook.com/t.fukushima.kaikeishishiki
(お気軽に友達申請して下さい!!)

●編集後記●

私はたまにドラマを見たりも
するのですが、
今クールでしっかり見ているのは、
月9の小栗旬さんと石原さとみさん
が出演している
「リッチマン、プアウーマン」です。

この物語は
IT会社の社長と
就職活動中の女子大学生との
仕事と恋愛の話ですが、
昨日は小栗旬さん演じる
IT会社の社長がパートナーの
策略にはまり会社を追い出されるという
展開でした。

ドラマにはこういう急展開が
必ずあります。

恐らく、ドラマの制作者としては
ここが一番の肝と考えており、
ここで視聴者をいかに引きつけられるかで
そのドラマの成功が決まるといっても
過言ではないように個人的には思います。

ここの振り幅が大きければ
大きいほど視聴者は引きつけられます。
(私自身完全に引きつけられています(笑))

これは、何もドラマに限った事ではなく、
モノやサービスを”売る”という
すべてのビジネスにおいて
共通する要素なのかもしれませんね!!

関連記事

ページ上部へ戻る