インカムゲイン狙いの投資をどれだけ出来ているか?

 

私は2015年から株式投資を始め、2016年にFX、2017年仮想通貨と3年前ぐらいからビジネスから投資に舵を切ってきました。
*ビジネスも当然続けています

最初は、キャピタルゲイン(値上がり益)を狙っての投資が中心でしたが、投資の醍醐味はやはりインカムゲイン(利息や配当収入)です。

キャピタルゲインは、その反対の言葉としてキャピタルロス(値下がり損)という概念もあるので、儲かる可能性もあれば損をする可能性もあります。

その点、インカムゲインというのは、インカムロスという概念はなく、必ず利益です。

ゆえに、インカムゲインをどれだけ増やせるかというのが最終的には投資では重要になってきます。

 

元本保証の債権や預金の利息、割安な位置で買えた株の配当、不動産の家賃収入などは全てこの手堅いインカムゲインです。

これがどれだけあるか、そして増やし続けられるかがお金のために働く事から解放されるには最も重要です。

最近コンサル生向けに仮想通貨の長期投資の講義も行っているのですが、

その中で、ビットコインアービトラージも実はインカムゲイン狙いの投資ですという事をお伝えしています。

ビットコイン自体には配当のようなインカムゲインは直接的にはないですが、それを使ってアービトラージをやればノーリスクで利益を得られるので、インカムゲインと性質としては一緒です。
*これを以前このメルマガでも販売させて頂いたビットコインアービトラージシステムを使ってやれば、作業をするという事も特になくなるので労力という意味でも利息や配当と同じような性質を持っていると考えています。

 

この元本保証で自分が働かなくてもお金が入るものにどれだけお金を投じる事が出来るかというのが重要です。

元本が少ないとこのインカムゲインの収入はどうしても少なくなりますが、元本が増えるに連れ投資の醍醐味を感じます。

 

今、自分が1秒も働かずに入ってくるお金は1日いくらありますか?

そして、当該お金で1日の生活費を賄えますか?

さらには、1日の生活費を超える部分のインカムゲインについては複利効果を享受するために再投資出来ていますか?

これらの質問に全て「Yes」で回答出来れば将来に渡ってお金の心配から解放される可能性が高いです。

 

一方、自分が1秒も働かずに入ってくるお金が1円もないという場合には、まずはここを1円以上にする事が第一歩です。

どんな莫大なお金を持った資産家も自分で資産を築いた人であればここがスタートで例外はありません。

一足飛びに資産家にはなれないので、やはりコツコツ一歩ずつです。

 

「インカムゲイン狙いの投資をどれだけ出来ているか?」これを常に意識して、資産構築を考えていく事をお勧めします。

関連記事

ページ上部へ戻る