大人になっての努力

今夜は、日本代表のコロンビア戦ですね!

*今夜はビジネス仲間とスポーツバーで観戦する予定です

普通の試合は、1人で邪魔されず見たいタイプなのですが、ワールドカップの日本代表戦だけは、興奮の方が勝るので、結構スポーツバーを活用します。

特に、代表戦となれば、スポーツバーで大勢で見ても基本的に応援チームは一緒なので、その一体感も好きだったりします。

仕事は孤高にどれだけ努力出来るかで自分との戦いだと思っていますが、こういう遊びは1人でやってもつまらないので、気の合う仲間と共有出来るとより楽しいと思っています。
*人によりますが、個人的には仕事は1人で、遊びは皆でしたいタイプです。

実は、当初コンサルとかをやりだしたのも、仲間作りという側面もありました。

というのも、独立して稼げるようになると、時間もお金も出来ますが、サラリーマン時代の友人や学生時代の友人とは、空き時間の感覚や仕事に対する考え方、熱く考えている事などがどうしても乖離してきます。

もちろん、昔話で盛り上がる事は出来ますが、それであれば年1とかで十分です。

そんな中で、やはり生き方が似ていると、テンションが合う訳です。

独立して、時間もお金もある人が増えれば、単純に遊び仲間が増え楽しいだろうなといった具合です。

よく地元のマイルドヤンキーみたいなタイプの人が、大人になると学生時代のように仲の良い新しい友人は出来にくいというような事を言ったりしていますが、個人的にはそんな事は全く思いません。

むしろ、学生時代は、同世代の友人ばかりでしたが、大人になると、年齢や世代など関係なく、気が合う友人が出来るので、より広がりが出来るとすら思っています。

これと似たような事で、昔よく先生とかに、大人になったら努力が報われる事ばかりではないので、今は努力すればテストの点数などが上がり、努力が素直に報われる世界なので、頑張った方がよいというような事を一人ではなく、何人かの大人に言われた記憶があるのですが、これも大人になった今全くそうは思いません。

ビジネスもトレードも完全に努力した分だけ成果が出て、努力が報われる世界だと考えています。
*もちろん、「先生」という職業などは、努力しても給与が上がったり、生徒の人気が上がるものではないというような状況があったかもしれませんが。

にしても、大人になると、本当は縛りがなく、知識や経験が増え可能性が広がるはずなのに、その可能性を狭くする方に考えてしまうのはもったないなと思っています。

子供でも大人でも努力は報われると考えています。

ただし、正しい方向への努力でないと結果は出ず、学生時代のように教科書を勉強すればテストの点数が上がるという単純化されていないのが、大人の世界で、そういう意味では大人の世界は努力が報われないのではなく、努力する正しい方向を見つけるのが難しいという表現の方が合っている気がします。

ただ、その正しい方向を見つけるのすら努力の1つだと言えます。

そのために必要なのは自分がどういう生き方があっているかやどういう結果を求めているかを明確化する事がスタートだと思っています。

本業じゃ給与が上がらないのであれば、副業を頑張る事を考えるべきですし、生徒に人気が出る事が目的だとすれば、人気のある先生の要素を分析したりして、それを自分に当てはめて、オリジナルな攻め方を発見したりなど目的が定まれば、それに向かって努力の仕方を試行錯誤して、正しい努力が出来る確率は高まるからです。

ゆえに、「大人になっての努力」というのは、自分に合った生き方や、自分が求める結果を明確化する事がスタートで、

それを明確化し、目指すと決めれば、既に努力が報われる世界で生きている事になると考える次第です。

だからこそ、何となく時を過ごしてはダメで、常に目的意識を持って過ごす事をお勧めします。

関連記事

ページ上部へ戻る