月収30万円を稼ぐためには!?

今日は表題の「月収30万円を稼ぐためには!?」というテーマで記事を書こうと思います。

というのも、先日こういった内容の質問を受け、お金を稼ぐためにはまず思考をしっかり正す事が重要だと改めて思ったからです。

ちなみに、月収30万円というのは、普通に生活するレベルでは独立可能な金額で、多くの人が最初に目指す月収ベースの金額だと思います。
(私もそうでした)

まず、月収30万円を稼ぐために取り組む分野というのは、自分が出来そうだなと思ったり、面白そうだなと感じる分野何でもよいと思います。

よほどマイナーなビジネスや投資分野でない限り、クリア出来ると思います。

ただ、ここで注意が必要なのは、その分野で月収30万円を稼ぐための資金はいくら必要かという事です。

もちろん、分野によってもやり方などが違えば利回りも変わったりすると思いますが、概ねの利回り(利益率)などは把握しておく必要があります。

例えば、月利10%であったら30万円稼ごうと思ったら300万円資金が必要です。

仮に、月利5%のビジネスであれば同じ額を稼ぐにも600万円必要になります。
*物販などであれば、仕入れたものが月内に全て売れるという事はほぼなく、通常は在庫が残るので、それも加味した利回り計算が必要です。

そういった事を考えると、最初に取り組む分野の利回りというのは大体月利10%ぐらいだと考えた方がよいです。

ゆえに、月収30万円を稼ごうと思うと300万円の資金が必要であるという現実に突き当たります。

これが最初からある人は、初月で月収30万円稼ぐ事は可能でしょうが、そうでない人は厳しい訳です。

よって、月収30万円を稼ぐためにはそのための資金の把握をまずする必要があります。

その上で、300万円の自己資金がないとすると、他から借りてくる必要があります。

転売などの場合であればカード決済であったり、FXなどであればレバレッジです。

ただ、自己資金を超えた資金を扱う事になるので誤ればその損失も大きくなります。

そのため、他人資本を使う時は、それなりの技術が必要です。

要は、いきなり使うのではなく、まずは少なくても自己資金でやって、これはイケる(儲かる)となれば、カードだったりレバレッジだったりを使っていくという事です。

つまり、物事には常に順番があるという事です。

まとめると、月収30万円などの目標達成のためには、まずその目標を達成するための自己資本が自分にあるのかを把握し、なければ他人資本を使う事を検討すべきですが、他人資本を使うとマイナスへの結果も大きくなりやすい事から、その場合でも技術がつくまでは少なくても自己資本で始めて、技術が付いたら他人資本を使うという事が重要です。

シンプルですが、そこを間違えると、中々資金が増えない状況になってしまうので、今一度考察してみる事をお勧めします。

関連記事

ページ上部へ戻る