カタールワールドカップの日本代表メンバー予想

今日はちょっと個人的な趣味のサッカーの個人的な見解を書いただけなので興味のある方だけお読みください(笑)

題して、4年後の「カタールワールドカップの日本代表メンバー予想」です。

サッカー好きな人は見たと思いますが、昨日はワールドカップ後初めての日本代表の試合がありました。

監督や選手の顔ぶれもガラッと代わり、新生日本代表という感じでフレッシュな選手も多く、試合も攻撃陣が躍動し、非常に面白かったように思います。

特に、中島(24)、南野(23)、堂安(20)とかは、足元の技術が非常に高く、これまでのA代表のレギュラーメンバーが戻って来ても十分レギュラーに食い込める選手だなと感じました。

少し前にも違う分野で似たような事を書きましたが、知名度はともかく、若い選手の方が全てにおいてレベルが高い事が多いです。

これは、統計的に、優秀な人同士の交配で子孫が残されていくという遺伝的なものと、新しい世代は、それまでに生み出された全てのものを当たり前のものとして捉え、それを土台として次の進化を考える事が出来るという環境的なものがあります。

ゆえに、前回のロシアワールドカップのチームと4年後のカタールワールドカップの時のチームを比べた場合には、こういった観点から実力的には4年後のカタールのメンバーの方が強いと考える事が出来ます。
(もちろん、その実力を発揮するためには経験等から裏付けられるメンタルの強さなども求められるので、実力があっても結果が伴わないという事も実際にはありますが)

ただ、この4年後の方が遺伝的な要素や環境的な要素で一般的には実力が上がるという事象は全ての国において共通の事なので、その中で秀でるためには進化のスピードが大切です。

その点、昨日の試合を見て、上述の通りロシアワールドカップの日本代表のレギュラーメンバーがいたとしても、既に何人かはレギュラーに喰いこめそうだと感じた選手がいたので、相場で言えば押し目を刻まず、この4年間は完全な上昇トレンドのようなかたちで、日本は伸びていくのではという期待を持ったので、他国より秀でた進化スピードをするのではと感じています。

それを踏まえ、現時点で考え得る、カタールワールドカップの日本代表最強メンバーの予想をしてみました。

今後も新しい選手が出てくる事が考えられますが、昨日の試合を見て現時点のベストメンバーは個人的には勝手に以下のように考えています(笑)

GK:中村(柏)
DF:酒井(宏)、吉田、昌子、長友
MF:堂安、柴崎、遠藤、中島
FW:南野、大迫

注1)
中島の左MFのポジションは激戦区で、現時点では乾も当然候補ですが、4年後を考えたら中島に軍配が上がると思います。

注2)
日本人はテクニックがあると、よく言われますが、それは平均的なレベルでの話で、トップレベルになると、プレッシャーをかけられてボールをロストしたり、ミスも多いと感じていましたが、上記のMF(遠藤以外)、FWの選手は歴代の選手の中でもトップレベルに技術があると感じています。
*DFでも酒井(宏)、長友は技術が高く日本代表の穴がなくなりつつあるなと感じています。

注3)
遠藤は日本代表のレギュラーに押すほどよいと思った事は正直今までなかったのですが、昨日の試合は成長を個人的にはすごく感じました。
ヨーロッパで揉まれて、4年後長谷部をかるく超えるぐらいの実力になっていれば、日本もいい線を狙えると思います。

注4)
4年後長友は36歳で、年齢的には通常衰えているので、左SBで長友を上回る選手が出てくるのがベストですが、現時点で私の知る限り、長友を超える選手は残念ながら日本にはいないと思っています。
ただ、医学的な進歩もあり、サッカーも現役でやれる寿命も伸びており、長友とかはその最たる選手だと思っているので、4年後も十分やれると現時点では思っています。
(年齢と共に増える怪我などは心配ですが)

いずれにしても、まだ1試合しかやっていないので、昨日の試合が全てではありませんが、非常に4年後に期待を持てる試合だったと感じました。

では、以上となります。
サッカー好きの人にとっては、異論、反論もあるかと思いますが、あくまで個人的な意見としてご容赦ください(笑)

個人的には、来年のアジアカップで上記メンバーを見てみたいです!

関連記事

ページ上部へ戻る